羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意外とね。
今日は急遽決まった、京都のママンと会う日でした。
ドタキャンこそしなかったものの、財布を忘れるというサザエさん的過ちを犯し大遅刻…。
お茶をおごることで許してもらいました。


やっと去年のお誕生日が渡せた女のサイトへようこそ。
もう母の日ですが、それはまた別件ということで。


差し上げたのは、フクロウのストラップ。ラメラメというかキラキラ系です。そういうの、お好きなんで。
そうしたら、「ellisちゃんの誕生日をしたか覚えてない」と言われました。……私も覚えてません。っていうか、フルートを買い替えた話すらしてなかったのなら、してもらってないような気もするが、そんなこと別にいいですよ。
普段ご飯おごってもらったり、泊めてもらったりしてますから。
そしたら百貨店で靴のバーゲンがあって、一足買ってもらいました。ヒール、おそらく10センチ弱。
はっはっは、もうこれで「華奢で可愛い小鳥ちゃん」みたいな表現は一生望めないな私!!
靴もLサイズだし。痩せてLサイズだし(ぷんすか)。太ってた時はどうだったんだ私。


こんな私ですが、意外なことにSサイズなところがあるのです。
それは手首。実寸14センチなので、時計などはバングルタイプを買おうとすると、Sサイズになります。
京都のママンが細い方なのですが、していた時計が私にぴったりだったので驚かれました(苦笑)。
まあね、この図体でこの細さはね。と、自分でも思います。
イコール、筋が弱くて、運動などには一切向かないということでもあるのですが。足首も弱い方だし(じゃあ高いヒール履くなよ)。
でも細いのもこんなとこだけで、あとはがっちりさんです。鍼の先生に「いい肩幅してるねー」って言われちゃってるし(泣)!!
ですがついでに指も意外に細いので驚かれました。見た目よりはね、細いですよ(笑)。つーか皆、人を見た目で計り過ぎ。


手首がSサイズと判明したら、京都のママンの持っていらっしゃるお高い時計が、私のもとに(いずれ)来ることになりました。お高く買っても、売値は5分の1~6分の1くらいになってしまうそうです。それくらいなら使ってくれる方が、ということでした。
そう思っても、手首がSサイズの人間なんて周りにいないし、と思っていたところらしかったです。
「いやー、意外やわー」
と、言われることしきり。ははは、成長する時にどうやって伸び縮みしたんでしょうね、私の体(笑)。
あと、二十歳頃にぽろっと痩せたし(理由は未だもって不明)。
なので今よりがっちりしている頃をご存知の京都のママン(19の時からのお付き合いです)。
「ellisちゃん、痩せたわよねー」
と言われました。ええ、去年のでっぷりした私をもお見せしてしまっていますからな…(ふっ)。ありがとう、エビリファイ。痩せた元通りになったよ、おかげで!
だからこれ以上減らなくていいからね、胸とか、特に胸とか!! まったく、痩せる時は真っ先に減っていくくせに、太る時は一番最後なんだから…。
またぶどり兄貴に「ほんとに薄いよねー」と言われてしまうではありませんか。ちなみに兄貴は去年、太った私を礼賛しました(泣笑)。「(しばらく会ってないから)見てないけど、君はもう少し太った方がいい」と、言われまくりましたよ。「意地でも痩せる!」と返して1年。どうだ!!


しかし用事があると辛いこの状態、どうにかならないかなー。
一旦外に出てしまえば大丈夫なだけに、勿体ないというか何というか。
今日はお財布さえ忘れてなければ…! と思いますが、問題は前日に用意をしておかなかった自分にあると、やっぱり思います。
これ、親しい人だからいいようなものの(いいわけないだろ)、フェイシャルエステとかどうなるんだろう。頓服飲んで、這ってでも行くべきですね。
新しい靴もあることだし、それを楽しみにしようかなあ。何かで釣らなければ。
こんなん言ってたら、また明日からばりばりに目が冴えちゃったりするんですよ。もうパターンが見えてるだけに辛い。いい意味で意外なパターンを見たいものです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。