羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
逃げないで。
ハーイ、徹夜ハイのellisですよ。あーーーーー、眠たい。
好きで寝てないわけじゃなくて、眠れなかったんです、なぜか(泣)。


ふと思い立った女のサイトへようこそ。
出かける気力が残っててよかった。今日の日記、メルヘン入ってますので苦手な方はブラウザバックぷりーず。


昨夜は明け方まで原稿してました。えっちらおっちらと、亀以下の歩みで進んでおります。
が、行き詰まった。にっちもさっちも、というか、押しても引いても、みたいな。袋小路にどん詰まり♪ みたいな。
その時ふと、何故だか口をついて、
「あ、ラピスラズリだ」
と、出て来たのです。徹夜ハイにも程があるというか、誰かが私に乗り移って喋ったとしか思えません。
なぜなら、私とラピスラズリさんの仲は微妙だから。
買う→3日もしないうちに壊す。改めて買う→瞬く間になくす。
このエンドレスです。勿論最古のパワーストーンと呼ばれるだけあって、それなりのお値段がします。なのにすっかりラピスラズリには逃げられまくっているので、きっと相性が悪いんだわと、どれほど勧められても買いませんでした。その口が、なにをつぶやくかって感じですね。
しかし効果などは今の私にぴったり。夜中に妖精さんでも降りて来たのか?


でもまあ、調べるうちにせっかくその気になったことだし(なったんかい)、新しくなった石屋にもまだ行っていないしで、今日行ってみることに。
ということは、朝寝昼寝がお預けです。宵寝くらいは許されないだろうか。ダメかなあ。
石の新調なんて、2年かそれ以上ぶりです。出雲瑪瑙ゲットしてから、すっかり大人しくなってたんで(ちょうどPZC入ったり、エビリファイ入ったりしてましたね)。
ふらっと石屋に入って、ラピスラズリの束(一連で売っている)を見つけ、好みのサイズをひょいとつかんだら、えらくぴかぴか光る奴でした。
他にも見せてもらったのですが、同じお値段で、このオーラの差は何? お店のお姉さんも、「これ、ほんっとにきれいですよね…。よく見つけられましたね~」と。
いえ、たまにこーいうことがあるんですよ。引きがいいというか、石に呼ばれたというか。
変なところで勘のいい女です。普段とろいくせに。


もともとブレスを作るつもりで来たのですが、それだと大量に余ってしまい、勿体ない。そこでグレーのアクアオーラを加えて、ネックレスにしてもらいました。これで発表会用のアクセが出来たわ、ふふ。
先にブレスが出来たので、「どうぞ~」と、はめてもらいました。
…………。
すいませーん、まぶしいんですけどー。
私の目が疲れてるだけじゃないでしょう。お店のお姉さん達は「きれい」としか言わず、「光る」とは言いませんでした。私にだけ見えてる幻覚? ぴっかぴかで、存在感がびっくりするくらいありますよ。ラピスラズリって、こんなだったっけか?
パワー半端ねえって言われてるくらいだから、きっとそれも何かのパワーの内なんでしょう。きっと。
これなくしたら、泣くなー…。壊れたら…まあ、予備パーツがあるけど、やっぱ凹みます。


出来上がったら、ご飯も取らずに帰って来ました。なんか石に当てられそうな気がしたから。熱出したりもんどりうったりするのは、家だけでいい…。ついでに言うなら、そんなことはない方がいい…。
で、石に当てられるよりは、眠気に負けると言った方が現実的。
石好きなので、内包する力もそれなりに信じる方ですが(でも石はきっかけで、結果を呼ぶのは自分と思っとります)、あてられたことはないぞ。あ、でもハイパワーの石を身につけてたら、却って悪いことばっかり呼んじゃったことがありました。あれは当時の私には、過ぎた代物だったのですね。
では、これまで逃げて行ったラピスラズリたちは…。
究極、何か厄払いしてくれてたんだと思っています。そうでないとやりきれない(本音)!
先日、お気に入りだったローズクォーツの指輪をきれいに洗いました。重曹のおかげで、超音波洗浄機よりもきれいになったのですが、どこか冴えない。身につけても違和感があるし、くすんで見える。
あー、こーいうのを「役目を終えた石」っていうんだなー、と、思い知りました。土に帰してあげたいけど、埋める場所がない。誰? そこの雑木林なら人目につかずにいいわよなんて言うのは!?
いやいや、たわごと言ってないで、せっかく仕事用の石をゲットしたんだから、働こう。
精神科の主治医、今日の私のサビ残18時間越えてます…。物書き見習いが、サビ残とか言うな。外回りの営業の人たちは、もっと大変なんだよ!
では、逃げないことを祈りつつ、仕事に戻ります。しーゆー。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。