羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祇園祭がジオン祭だったら その3
「見ておくがいい。祭に熱狂するとはこういうことだー!」


……渋いですかね。出所は「見ておくがいい、戦いに敗れるとはこういうことだー!」です。ランバ・ラル、最期の言葉。いやあ、オヤジ好きなんで。
ランバ・ラルに出会った時の、「アルテイシアと知って銃を向けるか!」の、セイラさんも大好き。お姫様全開ーって感じで。
昔は祭囃子で血が騒ぎましたが、今は「うー、人混みしんどいー」の人になってしまいました。つまらん人間になったものよ(ある意味十分血が騒いでる(こんなことをやってること自体が)気がしなくもないですが)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。