羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謎のワイン女。
いえ、私じゃありませんよ(タイトル)。私はワインの味が分からない無骨者ですから。
でも『銀英』みたいに、「プロージット!」の後に床にワイングラス(?)たたきつけるのはやってみたい…。気分いいだろなー。


ここには書けない主治医の迷言を山ほど聞いて来た女のサイトへようこそ。
「元気な~い」とか言ってた割には元気でした。


今日は通院です(ぜいはあ)。シャトルバスに揺られてごとごと着きましたが、汗がだらだら止まりませんよ(だくだく)。
で、こんな日に限って、急いで出て来たものだからハンカチがない。オーマイ、なんてこった。しかたないのでコンビニ行って、タオルを買って来ました。あー、汗っかきになってるわー。体力落ちてるー。
待ってるとそこそこで呼ばれたので、診察です。
「はいー、こんにちは。どう?」
「ちょっと元気ないけど、気候のせいかなーって」
「気候ねー。もうほんまにまったく、どないかしてほしいわ。そんで、書いてるの?」
「一応……」
「偉いなあ?」




だからそれ言ったのは(以下略)。




「いやー、言われても実践するのが偉いよ」
生活掛かってますから。どの投稿も人生賭けてますよ。
「で、手書き?」
まさかあ。できればやりたいけど。
「いや、パソです」
「パソコンで書くと、文章が軽薄になっていかんね。読んでいくと分かる、あれはやっぱり手書きするもんですよ」
「でもせんせー、今手書きで受け付けてくれるとこなんて、聞いたことないですよ?」
ダメじゃないのかも知れないけれど、「ワープロで書け」と言わんばかりの募集要項が多いです。
「何やて!? 司馬遼太郎が書いてもあかんのか?」
「司馬遼太郎はええでしょうよ。つーか、肉筆原稿奪い合いになりますよ」
「ほな、ええやないか。差別やな」
「うーん、手書きはなんか読みにくいからって、敬遠されるらしいですよ」
「せやけど今の作家で、手書きの奴いうたら、ようけおるやろう」
「そら、いたはる(いらっしゃる、の意。京都弁。大阪弁だと「いてはる」です)でしょう」
「あいつ! 伊※院◎とか、絶対手書きやな!」
あいつ呼ばわりした挙げ句に、決めつけてますよ。
「あと、あれや。エロいの書く、ほら!」
「団鬼六さん? こないだ亡くならはりましたよ?」
「ちゃうちゃう、えーっと、あー出てけぇへん、あのやっらしいのばっか書く…あ、せや、渡※%一や。あいつも手書きっぽいなー」
伏せ字なのは、主治医が大概失礼なことを連呼しているからです。
「せや、あいつ昔ワインの女と付き合っとったやろ?」
「ワインの女? ソムリエのこと?」
「あー、それかな。とにかく、$%なくせに自分は『#&ですぅ』みたいな顔した、私の嫌いな感じの女」
すいません、負の情報が多過ぎて分かりませんよ。もうちょっとこう、目鼻立ちとか、代表作とか挙げてくださいな。
結局その、主治医の主張する「ワイン女」は、分からずじまいでした。まさか川◎な@美さんじゃあるまいしなあ、ソムリエだからって…。
いずれにせよ、ファンの皆様すみません、本当に。
で、主治医が今度、直接版元に「何で手書きじゃダメなのか」と聞くことになって、事態は収束しました。
迷言というか、口が悪いにも程があるな~。これでもだいぶ割愛したんですよ(泣)。あ、他の患者さんには優しいから大丈夫ですよ?


「ほな、薬減らせるー?」
「うーん、無理ですー☆」
「エビリファイ減らさへん? まだ周り気になるのん?」
「バリバリですよー!」
「そっかー。食欲は?」
「うーん、いまみっつ」
「食べてやー。ええ作品書かなあかんからね。睡眠は?」
「取れてます」
「そらー何より。ところで元気ないって、ちょっと?」
「うーん…たぶんちょっと」
「ええなあ。私なんか10あるところの2くらいしかありませんよ」
「もとが10あるだけ羨ましいですよ…分母を同等に語るなかれ(@『絶望先生』)」
「何を10等分するかやな。私の元気なんて、些細なもんですよ」
いえ、今日十分にお元気な姿を拝見しました。しかも機嫌良かった。(んですよ。あれが)
「はーい、じゃあ次は2週間後においでくだっさーい」
診察、この部分だけで済んだんじゃあと、毎回思います。思いますが、主治医も楽しんでるし…ってか、息抜きにされてる気がしてなりませんよ。コーヒーすするわ、飴かじるわ。


それでも薬剤師さんその他には、「優しい」と評判の主治医です。たまに私の話を聞くと、皆さん「えー、他の人から聞く先生と違う!」と、おっしゃられます。
優しくないとは言いませんが、「おもろい」方が勝つ主治医です。大阪人にはそれでよし!! 
おたべの国の人の、笑いのツボが未だに見えません。容易に見せないところがおたべの国の人なんでしょうね。
さーて、では浅薄な文章でも書くか。あ、荷造りもしないとなー。手荷物が多くなる。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとう☆
>情報通の姫。

> それって
> 川◆な〇美さんのことですわよ♪
ありがとう~。やっぱりそうなんですのね。診察で咄嗟に名前が出て来なかったのが悔しいですわ。
でも次の診察ではとっくに忘れるのかと思うと、ほんとに…。
謎が解けてすっきりしましたわ♪
2011/06/22(水) 21:12:43 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
それって
川◆な〇美さんのことですわよ♪
2011/06/22(水) 21:01:05 | URL | 姫様 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。