羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祇園祭がジオン祭だったら その18
「ウラガン、あの浴衣をキシリア様に届けてくれよ。あれはいいものだーー!!」


キシリアの浴衣姿なんて見たくないというご意見はさておき(笑)。やっぱりマ・クベの科白は一度は入れておかないとー、的な。
お声は故・塩沢兼人さまだし。
もとの科白は、「ウラガン、あの壺をキシリア様に届けてくれよ。あれはいいものだーー!!」です。死ぬ間際まで壺の心配かよと、突っ込みたい名科白。
「いい音色だろ?」「よいものなのでありますか?」「清水焼だな…」とか言わせてみたい(本当は北宋・笑)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。