羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奈落~~~。
体調絶不調だと思っていたら、いろいろぶり返していました。


1年でぶり返す女のサイトへようこそ。
地域のみならず、季節にハブられているのか、私は!?


今日は精神科の通院日です。
相も変わらずへなちょこしていたら、「自分、もしかしてうつ?」と、聞かれました。
「分かーんなーい」
というのが、私の答え。
「うつならうつの薬出すけど?」
おい待て。診断書に、くっきりきっぱり「うつ」って書いてるくせに、これまで処方して来た薬(=エビリファイ)は何の薬だったんだよ。
やっぱうつ目的で使ってたんじゃないじゃないか。
決断力も判断力も落ちてるので、"As you like it?"(『お気に召すまま』勿論シェイクスピアですよ)状態。
そうしたら、エビリファイ12mg+アモキサン30mgという、一歩後退したような処方になりました。
抗うつ薬は……躁転が怖い。ので、今まで頑なに固辞して来たのですが、そうも言っていられない模様。
なにせ、久々に飛びたくなりましたものなぁ。え? どこにとは聞かないで。


あれこれつらつらと訴えていたら、しまいに、
「貴女の日本語は分かりづらい」
と、言われてしまいました。ああっっ。物書き見習いとしては致命傷。ついでに精神が不安定な証拠。
でも、比喩暗喩、婉曲な言い回し等、もうちょっと通じてほしい。心の機微ってやつじゃないですか。いや、まあ、お医者さんなんでドライでいいですけど。診察時間を5~10分で終わらそうとしたら、やっぱりくっきりきっぱりものを言わなきゃいけないのか…。苦手だ…。
空気を読んで言葉を慎むのは趣味だって、日本君(@『ヘタリア』)も言ってたぞ!
ふと気づいたら、主治医は今日、声が変です。診察の途中でも、ぅげっほげっほ咳き込んでました。
「せんせ、お風邪ですか?」
「お風邪ですねえー」
そりゃすみませんでした、空気読んでなくて。つか、自分で手一杯さ(涙)。
夏風邪を引くのはバカ、私にも主治医にも年中行事みたいなものですからな…。
おぉよ、あたしはバカだともさ! バカだから、普段の人生楽しいぞ! ちょっと今はね、のたうってますが。


一年も処方されないでいると、まるで「初めてこのお薬飲みますよね」的な扱いを、薬局で受けます。
だーかーら、それがあたしに効く、唯一の抗うつ薬なんだってば。
これでやる気~、出ろ~~。やる気~、出ろ~~~。
4日待ちます。アモキサンは4日~1週間で薬効が出て来るスグレモノなので。逆に考えると、他の薬は最低2週間かかるんだから、どんな化け物薬だって話ですね。
いいからやる気~、出ろ~~~~!! ああ、超奈落ってる文章ですよ、お恥ずかしい。主治医の指摘通り、日本語がおかしいんですけど、しばらくは大目に見てやってくださいませ(いつもか? いつもなのか?)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。