羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思い出せ、基本!
あーなたーにーさよーうならって言えるーのはー今日ーだけー♪
渋いですね、『22才の別れ』だなんて。
なんか脳内エンドレスなんですよ。ハモったらきれいだろうなー、なんて、ずっと思っています。
歌うのはね、なかなかキーが合わないんですよ、とほほ…。
お若いこうさぎちゃんたちは、パパンかママンに聞こう! もしかしたら知らないかも知れないよ(泣笑)!


久しぶりにフルートの練習しました、ばんざーい!
ぶつぶつと呪文のように、「息のスピードー、息のスピードー」とつぶやいておりましたので、今日はご近所大迷惑ですね。
オーケストラだと、フルートの音って小さいなーって思われるでしょうが、実際は結構出てるんです。
両隣は学生なのか、最近平日でも家にいます。練習しにくいよ~~~~。
今日はその恥と外聞と迷惑を取っ払って、へぼい音を出し続けていたわけなんですが。
いつかも書いた気がしますが、銀のフルートなので、これまでの洋銀の要領でやっていたのでは私がフルートに負けてしまうのです。大きく息を吸って(ピラティスで言う、「肋骨を傘のように広げて」っていうあの表現が正しい気がします。背中の肋骨まで広げるので)横隔膜を上げて、アパチュアを狭くしてスピードのある息を!
……なかなかアパチュアとブレスが両立しないもんですよね……。最近吸入サボってたから、特に息が続かないし(涙)。
で、息を強く、音を出そうとすると、上唇が前に出てしまうので、気をつけて。口はぴったりと閉じて、真ん中だけ力抜いて。
タンギングは、普通「tu」でいいんですが「θ」に近いとなおいいそうです。難しいな。
ダブルタンギングだと「tuktuktu」。速い曲などで使います。これも咄嗟にできなくて、一瞬考えてしまいます。それが私の悪いところ…。
でも今日はA6(3オクターブ上のラ)まで、すらっと出た~♪ 「あれ?」ってくらい簡単に出て、こっちがびっくりしました。問題はそれをいつでもどこでも出せるようにすること…。
結構な音量で出てしまったので(偶然の産物のため)、お隣迷惑だったろうなー。高音、うるさいんですよ、ホントに…。


ちょっとつかめたかなー、というところで、スケールと過去の曲をいくつかやっておしまいです。
過去の曲をやるのは、最近一曲吹くのに途中で精神力が切れるというか、すぐにすかすかした音になってしまうから、そうならないための練習でもあります。
1時間くらい練習したかなあ、ほっぺが痛い(泣)。よーくほぐしておきました。
早く安定した音を出せるようにして、リングキーに詰めたシリコン抜くんだい…。
いい気分転換です。ご近所には本当申し訳ないので、連ドラの『おひさま』のテーマが練習できずにいる私でした…。次からハモるから、練習しないといけないのにな~。下手過ぎて、生卵飛んできそうな気がして…。
さて、ご飯食べたら原稿するぞ…するぞ…?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。