羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
可愛い薬剤師さんに申し訳ない。
薬剤の一包化で揉めている…というか、ちょっとごたごたしております。
あぁ、お役所仕事なんて大嫌いだ。


そうなったら一方的に減薬される薬も出て来そうだ、と思う女のサイトへようこそ。
おいおーい、話が違うじゃないか。


精神科は2週間ごと~1ヶ月ごと。
神経内科は1ヶ月ごと。
呼吸器科は2ヶ月ごと。
が、現在の私の通院状態です。
ですが、これだと科を越えて一包化が出来ないと言われてしまいました。
なぜなら処方日数が違うから
どーしても、どーーーーーしても一包化したけりゃ、どれもこれも2週間ごとに処方箋持って来いや、というお話しになったのは何故だろう、と、今でも思います。
処方箋をもらうには、当然受付を通さなければいけなくて。
受付を通したからには当然診察料が発生するわけで。
………なんでやねん。
しかし可愛い薬剤師さんが上司と相談し、病院の薬剤部と相談した結果、そうするしかないそうです。
私はただ、帰省が多いから一包化してくれると便利だと思って(今回実際便利だった)言っただけなのに、こんな大事になるなんて。
ちなみに呼吸器科の確認は取れていません。神経内科は案の定というか、予想通りというか、「あ、ええよそんなん。あの子が嫌がらへんのやったら」だったそうで。
何ですか、私が嫌がるだなんて。診察料の話してんの(苦笑)? しかし軽いな。
薬……預かってくれると助かるんだけど、それが出来ないんだもんなあ。
持参するのも不可なんだもんな。厳しい薬局(泣)。でもそんなもんか。一人の我がまま聞いたら、百人の我がまま聞かなきゃいけなくなっちゃうもんね。


問題は、面倒がった呼吸器科が、「じゃーこの薬、もういいよね」と、次の診察で切ってしまいそうなのがいくつかあるということです。
そうしたら、一包化自体をしなくて済む。シングレアは遮光、遮湿だから、一包化を頼んでもシートで渡されるし、アドエアは吸入器だから分解のしようがない。これで完璧じゃん。とか言いそうな、呼吸器科の先生の顔が浮かびます。いやマジで。
毎日出てるのは、痰を切る薬です。これがないと、個人的には超困る。困らなければ、諭吉先生を飛ばしてまでもらってきませんよ。
……まあ、漢方で補ってもいいんですけどね。そうすると漢方で処方される範囲が狭くなるから嫌だ。
前の先生なら、きっと「仕方ないね」とか重々しく言いながらでも、書いてくれそうなのに。一包化仕掛けるタイミングを誤りました、私。


しかし大事になった。
可愛い薬剤師さんが東奔西走してるかと思うと、それも申し訳ない気分。もーー、マジで可愛いんだからー、絶対男が放っておかないっしょー、みたいな可愛さです。でも隠れて気ぃ強そうな(笑)。いやー、ツボですわー。
あたしに可愛い女の子語らせたら長いよ(笑)? ナイスダンディー語らせるくらい長いよ。
結局自分で一包化するしかないのかなあ…。呼吸器科の返事待ちが憎いellisでした。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。