羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
店のマナー、客のマナー。
………しんどい! 4時頃からさっきまでうとうとしてました。
おたべの国も制覇してないのに、梅田なんかに出るからー。
でも人のテンポは、梅田の方が合ってます。店員さんとも波長が合いやすいです。
なんでだろう…?


毎日は外に出られない女のサイトへようこそ。
週のうち、一日か二日は死んでないと。今週はかなり過密スケジュール…。


今日は何しに梅田へ行ったかというと、ママンの誕生日プレゼントを引き取りに行っていたのです。
昨日これだ! と思ったものには傷がついてた…(泣)。在庫もないというので、取り寄せてもらったんです。
そしたらマッハで来たらしく、昨日の今日で解決です。
普通ちょっとした傷くらい、使ってたらつくもんだとごり押しする店員さんが多い中、「せっかくのプレゼントですから!」と、取り寄せを決めてくれたお姉ちゃん、ありがとう~~~~(感涙)。
この間のサンダルの修理だって(昨日はこれの引き取り)、どれくらいのきつさでベルトを締めて、どんな材質でどんな特徴でできてるかを詳しく教えてもらいました。しかも無茶ぶりの無償修理…。安い買い物ではないので、正直来年は助かります。
「せっかく気に入ってくださってお買い上げになったもの、来年も履けるようにしたいですよね」
と言われました。サンダルって消耗品だと、ワンシーズン使い切りだと思い込んでました、すみません靴の神様!!
しかし社員教育の行き届いてる百貨店だったなあ。お客様満足度って、きっとこーいうのを言うんだわ。
改装中の某百貨店も行き届いてますが、リニューアルオープンした方が一枚上手ですね、今のところ。


っていうか、百貨店全体の雰囲気が、おたべの国と粉もんの国ではなんか違います。
勿論おたべの国の百貨店のお姉さん達だって、それはもう親切なんですが…。結局は在庫の差かなあ。
うーん、おたべの国の百貨店は整然とした感じ、粉もんの国は活気あふれる感じ、でしょうか。
どっちの国にもそれぞれのよさがあるんで、波長の合う方でって感じですね。
ゲランのお姉さん達に、「わざわざ京都からいらしてくださってるんですかー?」と驚かれますが、おたべの国のBAさんとテンポや波長が合わなかったんですもの…。


ああ、粉もんの国の百貨店のお姉さん達は、総じておしゃべりですよ(笑)。おたべの国は様子伺いされてる感じ(苦笑)。
しかしちょっとしたことで、客は感心し、満足して「また来よう」と思うんですからね。そう考えると一期一会でも手は抜けませんね。普段の生活だって、「また会いたいな」と思ってもらえたらサイコー☆ みたいな。
そうそう、お店に行く時は、客としてのマナーもあると思いますよ。別に店員さんを笑わせろとかいうんじゃなくて、ちょっとした親切にも「ありがとう」を忘れないとか、そういうの。当たり前の事なんですけど、なかなか難しい。お客だからって、何してもいい訳じゃないでしょ? 店員さんに「ご案内してよかった」と思ってもらえる客でありたいです。常には無理ですけどね(苦笑)。たまにキレますよ(笑)。
諸々上手にできたら、大人可愛くなれるわ。目指せポーラスター☆ 「ありがとう」の意味で「すみません」と使っちゃう事が多い私なので、意識して「ありがとう」にシフトするようにします。
きれいな言葉を使う人は、きれいになるそうですよ(人品卑しからぬといった感じ?)。私なんて口が悪いので、注意、注意。汚い言葉を使う人は、汚い人間になるって。おお怖っ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。