羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
融通の利かない音。
本日のレッスンの総評です(タイトル)。
なんて性格が良く出るんだ……!!


やっぱり「頃加減」という言葉を自分に贈りたい女のサイトへようこそ。
できるかできないかも極端、真ん中がすっぽ抜けてるようです。


今日は漢方をすませた後、フルートレッスンです。
スケール(音階)の説明を受けながら、今日は鳴るかな~、鳴らないかな~と、ドキドキ。
幸いにも直前に買った『THE FLUTE』という雑誌で、いい音の鳴らし方の特集をしていました。こんなの、出来る人には当たり前なんだろな~と思いながら、読み込みましたとも。
で、吹いてみようとなったら。




「立った、クララが立った!」すらっと鳴りました。




どーしてもはめ込んだプラグのせいで、D5(1オクターブ上のレ)の鳴りが悪いのですが、それ以外は指にびんびん来ますよ。すげー、久しぶりに気分よく鳴ってるーーーー(感動)!!
でもいっつもスケールが出来たって、曲になったらすかすかしちゃうんだよな。と思っちゃうのが悪い癖。理性の一部がシャウトします、「脇を締め、内角をえぐるように、吹くべし、吹くべし!」(@『あしたのジョー』)と。
……すいません、ハイジネタといい、悪ふざけが過ぎました。
でも二の腕で空気を挟むように持つ、と言われているので、あながち間違ってはいないのかも。いや…脇は締めないか? あれ?
いえいえ、練習曲に移ったら、思ったよりよく音が出ました。すかすかし始めたら、肩か首か顎に力が入っている証拠。落ち着いて、いったん深呼吸してからついていきます。多少の失敗は無問題よ!
アパチュアとアンブシュアはがっちりと。肩と首の力は抜くのに口元だけ引き締めろって、今更ながら難しい話です。いいや、できる。あたしはできる。っつか、できてたんだ! ここで諦めなーい!←ほとんど意地。
結果、曲として成立したか否かは別問題として(おい、こら)、きちんと鳴りました。低音から高音まで。ちょっとすかすかしたけど、それでもここしばらくを思えば、夢のような成果です。ellis、やりました!


今のエビリファイの血中濃度は12mgのはず(抜ける時間を考慮して)…。主治医、やっぱあと6mg返せーー!
6mgで今日のような意地が出るとは思えない…。
先生には「まだまだ音が硬い、姿勢が硬い」と、言われてしまいました。
「でもなんで今日は鳴ったの? おくすり減らしたから?」
と、聞かれたのですが…。初めて鳴らしたときもそうだったんですが、分からないんですよ。
むしろ私が聞きたいです、なんで今日は鳴ったのかって。
あとは「完璧を求め過ぎ」とも言われました。「ほどほどに、そこそこに」とも。
せんせい、それ一番苦手な言葉です…orz
きれいに吹きたい、上手に吹きたい、夢は七色に膨らむほど、よくない完璧主義者です。ええ、分かってますとも。大変よくない私の癖です。


ついでにストレッチと柔軟、腹筋の強化を求められました。運動不足が如実に表れていますね、とほほ。
そんなにひどいのか、私…。と、思いつつ、6年生だもんなー、求められることも多くなって来るよなー。と、実感。
ここしばらく、すかすかしててやさぐれ状態だったので忘れていましたが、6年目なんだよ。カタカナで調音記号の上にカンペ音階書いてる場合じゃないんですよ(臨時記号(♯とか♭)のややこしいのに悩まされてます。ド♭(=シ)とか、ソ♭(=ファ♯)とか)。
現に、私の前の時間のクラスの人たちは、同じ6年生で大変お上手になっていってます。
それに引き換え……。
い、いや、焦らない、焦らないぞ。ぼちぼち。ぼちぼちったらぼちぼちだ!


でもまあ、来週も鳴るといいよなあとか思いながら帰ってきました。
本当は「鳴るといいよなあ」じゃなくて、「確実に鳴るようにしておく」のがマイミッションなんですがね。なんでここだけアバウトなんだよ。自分に甘いだけじゃないか。
息の強さは、昨日散々息を吐かされたおかげで、問題なくクリアしました。おかげで、私のフルートが鳴るとうるさいです(苦笑)。
いつの間にかリングキーにも慣れたようで(右手薬指以外)、運指はとんでもなく速いパッセージを求められない限り、大丈夫…かな。うん、たぶん…。
また楽譜をさらっておきます。
はふ、課題はまだまだ山積みです。悪しき完璧主義の泥沼にはまらないよう気をつけながら、練習したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。