羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超克してみたい。
眠前の薬なしで寝てしまうと、際限なく寝続ける(スーダラしてぐーたらする)ことが最近判明しました。
「眠剤なしでもいけてるやん」とか世迷い言を抜かす前に、自分の生活態度を改めよう。


「世迷い言」ってのは「よまいごと」だよなあ。「よまよいごと」っての、気になる、と思う女のサイトへようこそ。
さっき打ち間違って「夜ばい事」と出してしまいました。ふぃー、危うい変換だったぜ。


……というわけで、いつの間にか眠ってしまい、気がついたら本当にスーダラぐーたらして、予約時間ギリギリに病院に到着しました。
電子化に伴って、順番の融通が利かなくなっています。
予約時間の都合上、一番遅くなる神経内科に真っ先にカルテが行ってしまう。こんな時は看護師さんを呼んで、先に「%&科に先に行きます」と伝えると、カルテを回してくれることを前回学習しました。
今日は4日に行ったときとは打って変わって、だいぶ落ち着いた模様。え、月曜ですか? いやぁ、そんなこと考える余裕さえなくて…。診療科の位置が、だいぶ離れてますしね。


で、精神科では。
PC画面がついたてのように斜めになって置かれていました。
「せんせー…入力されたもん、見られたくないんですか?」
と、問うと、
「見たないやろ、そんなもん?」
「別に平気」
「そんなんあなたぐらいのもんや」
さいでっかー。
問診を受けながら、「ちょっとお隣さんとか、たまに気になるかな」と言うと、
「秋深し、隣は何をする人ぞ、か。風流やねえ、あなた」
ときたもんだ。風流でもなんでもなく、ただの症状ですよ。
「柿食えば隣は何をする人ぞ」
………?
「鐘が鳴るなり法隆寺、じゃなくて?」
主治医が満足そうに、にやーっと笑いました。ああ、なんだ。主治医のいつものおふざけテストですか。
機嫌のいいときは、こんな風に遊ばれています(笑)。教養がないと、もれなく叱られる仕組みです。
「で、原稿は!?」
「現在進行形! 再来週にはきっと! 郵便局に放り込んだ後の私がいるはず!!」
「よっしゃ!」
と、かちょかちょと入力して行きます。嗚呼、待って。お願い待って。そんなの他の主治医たちに見られるの、いーやー(涙)。
「何か減らす? ああでも、今月はこのまんまにしといたろっかな。原稿書いてはるし」
超上から目線(ナチュラル)で、現状維持が決定しました。
本当はアモキサン切っても良かったんだけど、あれで底上げしてるっぽい部分があるので…。


さて、「空いてますよ」と言われた神経内科です。
ところが、待てど暮らせど順番は来ません。いや、もう次よ、もうもう次よ。と、デジタルな掲示板が言っています。
しかし10分待ち、20分待った後に、行動決断。
タリーズのハッピーバッグに入っていた干支限定マグが、ちょこっとはげていたという話をしたら、「交換するので持って来てください」という、ありがたい展開に。
しかしマグカップもらって、はいさよならでは、さすがに後ろめたいものを感じたので、コーヒーを持ち帰りで頼んで神経内科に戻りました。
ほら、やっぱ順番動いてないよ。
急いでコーヒーを飲み、コーヒーの匂い消しにフリスクをかじっていると、ようやっと呼ばれました。あたしの前…誰かいたか? きっと紹介状とかお手紙とか書いてたのかな。
ここを受診するちょっと前に、緊張性の頭痛に見舞われました。あいたた、あいた。こんな日に限って、安定剤のストックがないし(泣)。
そんな話をしたら、
「まあー、性格直せって言われても無理やもんなー?」
と、言われました。てやんでい、放っといてくんな。
「せんせーも、生真面目で損してそう」
と、かましてみたら(こら)、カルテの入力の手を止めてしばし無言。
「損というか……うん、もう『しゃーない』ね」
おお、高みへと昇られましたか。
「いや、もうなるようにしかならんし。そりゃーね、こんな細かいことで突っ張っとらんでもっと臨機応変になんて言われたことも一度や二度じゃなく云々…」
すいません。すいません主治医。マジすいません。なんかいらない地雷を踏んだっぽいです。すいません!
ほんっとーに生真面目で損してるみたいです。
私も早く、「そりゃー、しゃーないよ」と言えるようになりたいものです。


その後呼吸器科で薬だけ処方してもらい、調剤薬局へ。
すると、(たぶん)私しかその薬局で使う人のないマクサルトが、在庫がないと言われました。
ああー、しばらく処方してもらってなかったからねー。
入荷し次第、レターパックで送りますとおっしゃってくださるのはいいのですが、錠剤は3個です。それに350とはいえ、レターパック使うなんて、申し訳なさ過ぎます。
今日薬の説明をしてくれたのは、なんとなく新人さん臭がただようお兄さん。
案の定、説明が説明になってません。「これが…で、朝…ので…たくさんありますけど(悪かったな)…11個、です」とか、「これが…ロヒプノールです(うん、シートに書いてある)」とか、「これがヒルナミンで…こっちがアキネトンです(おいおい、飲む錠数の違いは)」とか、終始こんな感じでした。最後の方に至っては、薬名すら告げてもらえない(苦笑)。
説明が終わったら、「お疲れさました!」と、言ってあげたい気分になりましたよ。多くてごめんなさいね…。
ああ、帰りはまた真っ暗だ。診察が2科以上ある日は、ちょっと余裕持って来よう。しみじみとそう思いました。
マクサルト、いつ来るかな。と思いながら待っています。…今日はこれ、入力すらできなくて、主治医を大変煩わせたのでした。採用外の薬は使うなってことですね、分かります。
精神科では採用外の処方をしたら、薬事科にすごい怒られたって言ってましたが、神経内科ではそんなことないみたい。何かを通り越したんでしょうか。叱られる回数とか(苦笑)。
精神科の主治医も「そりゃー、しゃーないね」と、よく言います。私もその高みに早く行きたいものです。
ああ、原稿? しゃーないね(苦笑)!!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。