羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢十夜。
こんな夢を見た(漱石風にお願いします)。
結婚します。いえ、これからもう結婚式です。
相手は異国の方で、どうやら生粋のエゲレス人。
どうしよう、私オープンカー乗っちゃってるよ?


結婚式にオープンカーは、どちらかといえば米国の文化ではなかろうかと思う女のサイトへようこそ。
でもないのかな。いや、確かあの国(英国)は、フツーの車に乗ってたような。
つか、なんのパレードじゃい。


どう見ても初対面、相手の素性も職業も年齢も何もかもが不明のまま、シックなドレスを着て式場にご到着です。
高らかに呼ばわれてみると、どうやら私、お貴族様に嫁ぐ模様。ははあ、旦那様はお貴族様ですか。と思っていたら、侯爵とか公爵とか言ってますよ? おいおい、そんな堅っ苦しいところ、苦労するだけなのが目に見えてますよ。でもなんか、幸せムードいっぱい。社交の一つもできない私が、これからどうなるんだろう?
ちなみに車の中で、旦那になる人にさんざん説教くらいました。
曰く、「米語は下品だからしゃべるな」と。
私、英語はおろか米語も喋れないんですけど…。
あれ? 今、どうやって会話してんだ? という理性を残しつつ、式は既に一通り終わって結婚証明書をもらっています。
……祝福されてるのはいいけど、私側の親族がいない上、祝福してくれる人が皆、見知らぬ人…。
とにかく見知らぬ人に(全員異人さん)囲まれて、見知らぬ人たち(全員異人さん)に祝福された結婚式でした。
で、旦那になった人も異人さん。
……これってどーいうこと?


目が覚めて、「???」と、思いました。
祝福されるようなことが、どうやらあるのかもしれない。




しかし結婚ではなさそうだ。




いや、勘ですがね。ほんまに結婚するんやったら、もっとどっかリアルな感じがすると思うんですが…なんとなく。
じゃあ私じゃなく、友達とか知り合いにおめでたいことがあるのかな。でも結婚してるの私だったしなー。
しかし夢でまで説教ですよ。普段の言葉遣いが悪いってことかな。それは否定できないなー。直さねば。
どーせ夢で異人さんなら、トレーズ閣下か、ミュラーくんがよかったな。
2次元ではなく3次元だったあたりが、ミョーにリアルで嫌だなあ。いや、異人さんと結婚するのが嫌っていうんじゃないですよ? それがご縁なら、そーいうこともあるかもしれない。
ハッピームード満載でしたが、現実の春はまだまだ遠そう(笑)。代わりと言っちゃ何だけど、なんかいいことあればいいな。


それともこれは、原稿の隙間に見た、神様からの脳内プレゼントだったんでしょうか。どうせならこの先の細かい展開をください、神様。そう、『悪魔のトリル』のように、夢で見たままを原稿に起こせるような、そんな夢がいいなー。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。