羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
趣味の線引き。
下手になってない…楽譜が極端にレベルアップしてるだけさ…。
それについていけてないだけさ…。


それってつまり、下手ってことやん。と、思う女のサイトへようこそ。
いいの、音が出るだけ有り難い…(涙)。


今日はほぼずーっと、ベートーヴェンの『テンペスト』第3楽章をやっていました(リンク先、音が鳴るので注意です!)。
といってもソロ譜ではなく、アンサンブルのパート譜です。
調もフルートアレンジ用に転調されていて、ちょっと雰囲気の違う、雅やかな嵐でした(笑)。
ピアノだと、こう、激情ーって感じだし、勿論そのように作られた曲なんだと思いますがね。
これがまあ、冒頭を除いて難しいです。冒頭はあれです、メインテーマと言うか、聞いたら「ああー」って誰もが言うようなパートなんで、音もつかみやすいんですよ。
問題はアレンジパートです。先生の伴奏が入ると、どういうことでこんな音になってるのかがよく分かるんですが、分かったからって即指と音に反映されないのが、頭でっかちの悲しいところ。
というか、音楽って理論的に動いてるんだなあと、しみじみしました。
どうしよう、私数学的なセンスゼロだよ。こんな私だから、今まさに置いていかれてるのか?
こんな不安すらよぎります。


やっとこゴセックの『タンブーラン』に帰って来たときは、ほっとしました。
やれやれ~~。フルート(ピッコロ)用の音楽に帰って来たよ、やれやれ~~。
でもテンペスト、先生が「時間かけて、じっくりやりたいわね~」とおっしゃったので、ゆくゆくはアンサンブルなのか…? って感じです。
ベートーヴェンは、なんだかアンサンブルなイメージ。ああ、あの『2本のフルートのためのアレグロとメヌエット』(リンク先はアレグロ。音が鳴るので注意です)をやったのはいつだっけか。つーか、あんなのあたしやれてたんだよね。不完全だったけど。
音は徐々に取り戻しています。速いパッセージが、これまでになく増えて来たので、なんかできてない気がするけど、グノーの『アヴェ・マリア』なんか吹くと、確実に上達してるのを感じます。今ならパッヘルベルのカノンが吹けそうだぜ! と、思いますが…どうなんだろな。


録音したものは正直聞きたくもありませんが、聞かなきゃパート練習できないジレンマ。
とうとうB6(3オクターブ目のシ♭)までナチュラルに出て来ましたよ。運指がB6とH6(3オクターブ目のシ)はちょっと特殊で、まだ咄嗟にはできないのです。つか、3オクターブ目がどれも未だに咄嗟にできてないよ私。
練習あるのみ、か…。でも仕事もしなきゃ。今日はこれから密林で買い物の予定です。がっつり買い込むぞー↑。でも本って高いから、そんなに買えないかも知れないぞー↓。
基本歴史の本ばかり買おうとしている自分が切ない。こんなだから「史学科だと思った」とか、「英文科だと思った」とか言われるんだよ、日本文学に弱い国文科出身…。
いいの、歴史(特に世界史)大好き! 海外文芸大好き! 勿論音楽も好きさー。さーて、趣味の線引きって難しいなー。と、感じた今日でした。どこまでのめったらいいんでしょうね?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。