羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Pray.
今日のこの日に震災その他の被害に遭われた方々に、心からお見舞い申し上げます。
今も続く震災、私の携帯にも、地震速報が入るようになりましたが、余震の多さには驚かされています。
心の傷は最も深く、目に見えないから癒えたかどうか分からない。そんなフレーズが、頭を巡ります。
被災された方々の心の傷までも癒えてこそ、震災は「終わった」と言えるのかもしれませんし、それまでは続くものかもしれませんね。
とても長い道のりだと思います。どうか皆様が、お苦しみに耐えられるよう、心からお祈り申し上げます。


もう一年、まるで他人事のように過ごしてしまった私には、とても早いものでした。
こんな思いは不謹慎で、できることがあるんじゃないか、しなくちゃいけないんじゃないかと思いつつ、やったことはといえば募金くらい。
まだ物資を送れるほど裕福ではないし、本当に申し訳ない気持ちで一杯です。五山の送り火のいざこざには、京都市民としてやりきれない気持ちになったり。
そんな中、世界中から祈りが届いているのですね。すごいことだと思います。そして改めて、震災の甚大さ、二次被害の大きさにも思いを馳せずにはいられません。
その祈りに、このちっぽけな祈りもどうか混ぜてやってください。心だけはいっちょまえ、なんともはや、情けない次第ですが、これが今の私にできる精一杯。


どうか一日も早い復興が遂げられますように。
どうか皆様のお心の傷が早く癒えますように。
すちゃらかな私ではございますが、この祈りは真剣そのものです。どうか、被災地の皆様に届きますように。
また募金しに行きますね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。