羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好きで続くフルート道。
昨日の通院では、「もっと面白い本読めよ~」と、精神科で言われて来ました。
悪かったな、茶の歴史とかチョコレートの歴史とかばっか読んでて。
しかし『大正時代の身の上相談』に食いついた主治医はちょっとオモロかったです(笑)。


そして今日はフルートレッスンな女のサイトへようこそ。
相変わらず~下手っぴ~、る~らら♪


デイリーエクササイズを済ませて、今日も『テンペスト』です。
先生曰く、フルートでは「歌うように」吹くといい、とのことでした。
こう、ピアノだとどんだけ速く、情熱的に弾けるかって感じですが、そうではなく。ベートーヴェンの旋律の繊細さを味わって欲しい、とのことでした。
確かに、ベートーヴェンは、見た目の割に繊細な曲が多い気がします。個人的意見ですが。
彼のお父さんが飲んだくれの声楽家だったのは、割と有名な気がしますが(そして息子の稼ぎで飲んでいた)、彼のおじいさんもまた、有名な声楽家だったのだそうです。そう、このお父さんは自分の父親と息子の稼ぎで飲んでいた、まーさーに親の財産を食いつぶす二代目だったということです。あかんがな、お父ちゃん。
というわけ(?)なのか否か、ベートーヴェンにも、多分に声楽的な要素が受け継がれたのでは、と、先生はおっしゃっていました。
テンペストの旋律を、今細かくやっているのですが、音階が機械的に上下するだけに見えて、歌うとまた違った雰囲気が出そうな感じ。なるほど。
なので、喉を開いて、歌うようにビブラートをかけてね☆ というのが、先生のお教えでした。うう、ビブラート苦手…。
何より今日、肩ががっちがちになっちゃってて、出る音も出ない。ほーらね、練習不足。ほーーーらね(誰に向かって言ってるんだか)。
気温の上下も激しいので、頭部管の抜き具合も分かりません! 勝手に詰めたり開けたりして、調整してました。


で、これを続けるか続けないかという話になったのですが。
私は鳥頭なので、こつこつ続けてくれる方がものになる気がするし、勿論気分転換に間を空けてもまったく構いません。Kさんのお心一つです。
いい曲なので、飽きるということはないと思いますが、まあ世の中いろいろなので飽きる方もいらっしゃるようです…。
さて、Kさんの出した結論は「もう少しやってみましょう!」でした。わーい、クラシック万歳(笑)。ポピュラーにはかなり飽きっぽい私ですが(興味が薄いせいでしょう)、クラシックは多少無理言われても平気。もともとクラシックやりたくて門戸を開いた私ですもの、しかもベートーヴェン好きですもの。わーい♪
でもクラシックは茨の道…。ポピュラーなら誤魔化せる諸々が、一切通じませんものな(それ以前に誤魔化そうとするな)。
前回話題にしたように、この『テンペスト』は3/8拍子。だけど中身は16分音符でいっぱいさー! という(泣笑)。なので入りから2拍目の裏拍という、しちめんどくさい仕様になっています。
裏拍というのは、簡単に言うと手拍子を打ってる時に手を離してる状態のリズムです。「いち、にい、さん、しい」と数えるのを、「1と2と3と4と」と数えた時の「と」の部分。
音楽って理論的というか理屈でできてるなー、と実感する割に、リズムは本能で感じ取るタイプの私。3拍が上手く取れないところがあって、一度引っかかるとなかなか抜け出せない(とほほ)。たぶんもう2~3回やれば、体で感じ取ると思います。はい、体感型の音楽を体当たりでやっているので…(きちんと拍数えろよ)。


まあ、なんですな、こんな私でも長く続くものですね。
ひとえに先生のお人柄によるものが大きいと思いますが、たぶん根っから音楽好きなんでしょうな。呼吸器科はフルートのために通っているようなものです…。ええ、咳喘息コントロールとかじゃなくて、ひとえに「まっとうに吹きたい~」という執念から。でなけりゃ、あんな金のかかる科、とっくに通うのやめてますよ(こら)。もともとストレスで始まった咳喘息ですので、フルートでストレスフリーになれば、自ずと気管は開きます。
あとは肩に力入るのをどうにかするのが課題か…。今日なんか途中で腕がぶるぶるきてましたものな(苦笑)。肩に力入り過ぎて、どうにもこうにもならなくなっていたのでした。あれはしんどかった…。上半身に筋肉つきにくいので、管が重い分うまく脱力してないと、1時間保たないのですよ。
こんなに続いてるのに、こんなに下手。けれど邁進するellis。アホだから! おうさ、アホで結構、人生楽しいぜ。
ここまで、とは言いませんが、音楽好きで「でもな~」と思ってる方、体験入学だけでもされてみることをお勧めしますよ。後の営業トークに負けない心の強さは必要ですが(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
違う???
>通りすがりさま。

> 違う『テンペスト』が速攻で思い浮かんだ自分は、本ヲタw
違う『テンペスト』…。
私には吉田秋生先生と青池保子先生しか思い浮かびません…。
青池先生とシェイクスピア、になると、また違う作品が連想されるのですがw
なんだろう、違う『テンペスト』…。
って、私も大概なヲタですけどねw
2012/03/19(月) 21:11:11 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
『テンペスト』
違う『テンペスト』が速攻で思い浮かんだ自分は、本ヲタw
2012/03/17(土) 20:15:41 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。