羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早起きの功罪。
ゴージャス朝食。
今朝の朝食です。これで530円。ベーコンエッグのホットサンドです。自家製ドレッシング(ポイント高し)つきサラダと、果物入りジャムがけ無糖ヨーグルト(これもポイント高し)がついてます。ドリンクはコーヒー、紅茶、オレンジジュース、グレープフルーツジュースから選べます。
他にはトーストセットとか、ホットドッグセットとか、パニーニャセットとかありました。値段はそれぞれで微妙に違ってましたが、覚えてない…。


2時間居座ったのが申し訳なくて、追加でコーヒーを頼んだ女のサイトへようこそ。
思いっきし働いてしまいましたもの…530円で(笑)。


え、ゴージャスじゃない?
いやあ、ゴージャスですよ。栄養価高いし。野菜高くて、トマトやレタスなんて買えないし。
そしてグレープフルーツジュースが飲める幸せー♪ テグレトールが入ってた頃には考えられなかった選択ですよ。
以前は確か500円かっきりだったように記憶してるんですが、ここにモーニングに来たの、久々でしたので。
小麦や乳製品も高騰しましたしねー。


今日は生憎の雨でしたが、そのおかげか角席が空いていて、黙々と作業に集中することができました。
ラストはまだ決まらないのですが、真ん中ら辺までの輪郭は見えて来ました。もうちょっと話を転がしたいけど、今日はもう無理。
だって昨夜、張り切り過ぎてきちんと眠れなかったのですもの…←遠足にはしゃぐ小学生以下。
家に帰ったら眠れるかと思いましたが、合計3杯(ミスドでカフェオレをお代わりした)のコーヒーは、私を寝かせてはくれませんでした、とほほ。
それどころか、夕方には動悸がして落ち着かなくなって来る始末。何度コーヒーで失敗したら気が済むのかしら、私…。
眠れないけど考え事もあんまりできないので、昨日買って来た『ココ・シャネルという生き方』を一気読み。
そういえば口紅の入り口がシャネルだったように、香水の入り口もシャネルだったなー、と思い返してしみじみ。


歳の離れた従姉のお下がりということで、安物ですが香水を手にしたのは中学生の時で。
高校生の時はお土産にミニボトルの「No.19」をもらいました。この頃にはまだ「No.5」の良さが分からなかったんだ…! 名前に漠然とした憧れはありましたが(苦笑)。
高校生の自分が初めて選んだのは、ジバンシィの「プチ・サンボン」。それからずっと、香水とは縁の切れない生活を送っております。
でもココ・シャネルって、近くにいたらきっと喧嘩するか、近づかないかどっちかって感じの女性っぽいですね。たぶん私のように、のらりくらりと生きている人間は許容できないでしょう。だから化粧品も、シャネルには流れなかったのかしら。


香りかー…。いつか香りをテーマに、何か書いてみたいなー。
食べ物の香りは時々吐き気がしてしまいますが、嗜好品の香りとアロマ、香水は無条件で好き。きっと今なら、「No.5」の良さが分かるはずだ!!
だから小西克幸さんのアロマ擬人化(?)CDまで予約したってわけじゃないんですよ、げふん。
だってイランイランだったから迷ったもの…。イランイランはアロマの学校にいた頃、「私イランイラン好きー」とか言った奴がその精油だけを使って(普通は2~3種類混ぜる)、強烈な香りに思いっきり酔って、めまいと吐き気を起こしたシロモノなので。
……あ、やっとヒルナミンが効いて来ました。ちょっとうとうとしてきます。ヒルナミンが効いたのか、カフェインがようやく切れたのか、どっちなんだろう。
うとうとしながら、何かひらめかないかなー。相変わらずタナボタを期待する愚か者ellisでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。