羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれぇ?
ザクとうふか…。と、昨夜から思っております。
食べてみたいけど、どこで売ってるんだろう???


アモキサンが倍になった女のサイトへようこそ。
自分としては変わりないつもりだけど、主治医の目には何かが違って見えたのでしょう。


さて、降っては止み、降っては止む、不可思議な天候の中で通院です。
精神科では「もっと本を読みなさい」と推奨されました。
いや…読んでますが、主治医のお気に召さないタイプの本ばかりでして(苦笑)。
だから申請しなかったのさ。
夜眠れずに、昼にうつらうつらしてしまうこと、それで仕事がちっともはかどらないこと、やる気があるんだかないんだかということや、食欲がありそうでないことを挙げていくと、とりあえず眠前にレンドルミンが追加されました。レンドルミンかー。以前は「これっぽっちも効かねぇ!」と、思ったものですが、最近は相乗効果を期待しています。
で、「エビリファイ、どうする?」と。
「どうもこうも、めっちゃいりますよ。あれ減らされたら泣きますよ、私」
「うーーーん、アモキサン、増やしてみる?」
え? えええ? あの減らしたがりの主治医が、増やしてみるかですって?
道理で今日の天気はおかしなわけだよ。
「うーーーーん、……判断が、つきません。せんせーが増やした方がええと思ったら、増やしてください」
「なんやそれー。あなたが決めな、しゃーないやろー?」
判断できない時点で、増薬の理由すべてを語ってる気がする…。
「増やしたらどうなります?」
「やる気がもっと出てやなー、創作がうまいこと行くかもしれん」
だけど躁転するかもしれない…言わなかったけど。
「はい、じゃあ増やしました。眠剤も増やしました。他に質問は?」
「思い浮かびませんー!」
「ほな2週後にね、はーい、またねー」
主治医、機嫌良かったのかな…。診察室を出てから、思いました。だって処方箋見たら、今までの30mgから倍の60mgに増えてるんですもの。
大丈夫か、これ…。←こんな心配する奴は、大抵大丈夫だと漢方の主治医が言っていた。
まあ、春でだいぶ落ち込んでるし、期間限定ならいいよね。もう寝てばっかりも嫌だし!
願わくば躁転しませんように。躁転しませんように、躁転しませんように。
エビリファイがうまく働いてくれれば、大丈夫かな?


その後、看護師さんたちの素晴らしい連係プレーによって、さくさくと診察が終了しました(他の2科は薬だけ)。
調剤薬局でも割とスムーズに流れ、今日は明るいうちに帰って来ることができましたよ。
帰りにドラッグストアに寄って必要なものと誘惑に負けたもの(安かったチョコレートやヨーグルトなど)を買ってきました。
さて、今晩から一回20mgずつ飲むことになりますが、嗚呼、躁転しませんように。
これだけ言うのには、75mgで躁転した過去があるからです。いや、100mgだったか?←記憶がおぼろなほど昔。
かと言って、他に合う採用薬もないし…。
明日、漢方の主治医と相談しながら、また漢方薬でも調整しましょう。そうしましょう♪
↑散々行きそびれて、やっとのことで明日の予約を取った女。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。