羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どこまでも。
昨日はあれからスムーズに仕事してました。
しかしいつフリーズするかという恐怖は拭えず、2、3行書く度に保存してた臆病者です。
だってMacだしね、OS9だしね…。


低カロリーでどこまでも歩く女のサイトへようこそ。
あかんやろ、これ…。


今日は石山寺に行く日です。そういう約束してましたから。
何と朝7時半に起きて(寝付いたのは4時過ぎだった気が…。にわかナポレオン。そんな大層なものでもないな)、お風呂入って身支度済ませてレッツゴー!
待ち合わせてたお姉さま(訂正済)と、JR石山駅まで出て、そこからバスに乗りました。ちなみに例の脱線事故以来JRに乗るのお初です。降りてから気づく私も相当鈍いな。
石山寺は、以前家族で参ったのですが、どうにも記憶が曖昧です。といっても、たかだか2年ほど前の話ですよ? 記憶に残るようなものがなかったというか、何というか。紫式部の資料館みたいなのは覚えてます。が、徳川美術館で源氏物語絵巻見たしな…。
というわけで、今回もさして印象に残りませんでした。
ただ、大黒様を祀ってある所で可愛い根付けを売っていて、思わずお揃いで購入。その時に売り子のおばちゃんが「何月生まれですか?」と、聞いてきました。素直に「9月です」と答えた所、「周りに流されてるようで、結局は自分の道を行く人。人の話を聞いているようで聞いていない。自分のやりたいようにやっていく人です」と、一刀両断されてきました。しかし全て其の通りなので、沈黙。それって言い換えたら我の強い人ってことですよね…。漱石は『虞美人草』で「我」に「プライド」とルビをふってました。見事だ。私ゃ成層圏を突き抜けるプライドの持ち主と言われた女さ(友人どもに)。
数日ふさぎこんで引きこもってた割には、身体はよく動きます。リバウンドが怖いっちゃー怖いですが、まあ後のことは後のことだ。


浜大津まで戻ってきて、三井寺にも参ってきました。私もお姉さま(訂正済)も、普通のお寺さんだと思ってたのですが、これが広い! めちゃめちゃ広い! 1周するのに1時間かかりました。御朱印してもらうところが5カ所もあるんだから、そりゃー大概だ。
でも予想以上に景色も綺麗で(最初の階段を昇り尽くした所で、息の切れたババアな私…。しかも煙草吸ってる奴がいる! こんな時に、こんな所で! むきーーー!!)、琵琶湖は一望できるわ、緑は綺麗だわでとても得した気分です。
ここで「天然石入り幸福みくじ」というのを引いてみました。わくわくしながら開けて、出てきたのはローズクォーツ。恋愛運向上の石です。天の御意志はそうなのか、そうなのか? どっかから激タイプの男でも降ってくるのか? ちなみにおみくじは末吉。内容はこの通り。
「何事も進んですることはいけません。心静かに諸事控えめにして是までの職業を守り、身を慎んで勉強なさい。其内に悪い運気去って幸福の時が来ます」
‥‥‥‥今、どこでおみくじ引いてもこんな結果が出る私です。はい、コンピュータのおみくじでさえも。とりあえず「動くな、静観しろ」と言われます。これまでの職業って、何だ、やっぱ真面目に原稿書けってか? とりあえず、パパンの愚痴に流されて派遣の仕事とかはしない方がよさそうです。そんじゃまあ、すねかじりライフ満喫しますか。
願い事は思いがけぬ事にて叶うだそうです。何? どっかから原稿買ってくれるとかいう話が降ってわいたりするの? いやいや、思いがけぬ事だから、私の想像の範囲外なのでしょう…。ちなみに病気は信ぜよ、治るでした。どこまで何をどう信じればいいのか…。やっぱ漢方の病院行きましょう。
何だか久しぶりに、身につまされるような内容のおみくじでした。ここまでピンポイントでツボ刺激されると面白い。何より縁談の時をまって進めよ。将来は吉ってのが、将来はってのが泣けてきます。ほんじゃまあ、そのうちどっかからタナボタ式にええ男が降ってくるってことで。


途中でとんでもない雨が降ってましたが、どうにか濡れずに済みました。やれやれ。大黒さんの根付けを携帯につけてみたら、大佐とロクシタンのローズストラップと見事に合わない。もんのすげえミスマッチですが、招福ということでつけておきます。大佐と大黒さんのツーショットは個人的に爆笑です。こうしてまたわけの分からなくなってゆくマイ携帯…。


そんでもって、今日の疲れは明後日とかに来るんだろな…。
タイムラグに疲れるのは年寄りなのか、脳内切り替えが下手すぎるのか、たぶんどっちも(泣)。
ま、いっかあ…(投げやり)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。