羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャムを作るよ!2。
おいしくできました。
はい、画面端に写ってる薬瓶とかは気にしない(笑)。
写真左奥から梨、マーマレード3個、前方左から梨、生姜2個です。マーマレードは小瓶がちらっと見えてますね。


砂糖を1キロ使った女のサイトへようこそ。
ちなみにオレンジは10個、梨は4個、生姜は300g使いました。


マーマレードは、オレンジが安売りしてたので決まりましたが、梨はママンのリクエスト、生姜は私の興味本位です(笑)。
さて、朝からオレンジの皮を薄くむいて千切り、水にさらします。その間に、梨とジャム瓶と砂糖を買いに西Uまで行ってきました。
梨は半額のものがあったので、4個購入(ほくほく)。ちなみに生姜は、前日の夜から冷凍庫にいました…。
想定外に重くなりながらも、どうにか帰還。オレンジの皮をゆがく…前に瓶を煮沸消毒します。
オレンジの皮は、合計3回ゆがきました。そりゃー柔らかくもなるだろーなー。
それを横目に、せっせと果肉を出します。
材料の下準備が済んだら、家で一番でっかい鍋(幸いにもほうろう)に全部入れてちょっと置き、煮詰めます。
今回は、「まだまだゆるくなーい?」という状態で止めることを自分に課していたので、結果ちょうどいいとろみになりました。マーマレードは、種をペクチンの替わりにすると聞いていたのですが、オレンジから種出て来ないよ!! なくてもとろみは出て来るそうなので、ま、まあ無問題ってこと…で。


梨は一個をいちょう切りに、残りはすりおろしました。
最初は半々にしようと思っていたのですが、あまりにごろごろするので、1:3で。リンゴみたいに減ってくれるならいいけど、梨って煮くずれないからなあ。
これからは小さめのほうろう鍋で。火加減に気をつけながら煮詰めましたが、すっごい水分。この梨は当たりだったのか、私の腕の力的に外れだったのか…。


更に腕の力を試されたのが、冷凍の新生姜300gのすりおろしです。
なぜ冷凍させたかというと、繊維が切れるから。こうすれば、フードプロセッサーがいらないんですよ!
腕の力を試されもしましたが(しかしなんだかんだとクリアしてしまう、私の腕力よ…)、冷たさとの勝負でもありました。時々生温い水道の水で温めながら(笑)、どうにかこうにかすりおろし、同量の砂糖(はちみつでもいいらしい)と、レモンポーションを入れて、煮詰めます。
すると、おや? 色がピンク色から何とも言えない赤っぽい色に。新生姜って、そういえば色変わるよなあと思いながら煮詰めてました。
いいかげん汗がぼたぼた落ちて来るので、手ぬぐいを額に巻いて、ヒップアップ体操みたいにだるい足を上げながら、ひたすらかき混ぜてました。


終わったら半日過ぎてましたね。別にジャムの日でもなかったのに、何を張り切ったのか。
これは昨日の話なので、今朝、PL法に基づいて(ただのいやしんぼとも言う)トーストに生姜のジャムを塗って食べてみました。




ほーーっ(感嘆の声)!




美味しかったです! 自分の作ったジャムを自分で食べるのは、実は味見以外では初めてだったので、ちょっとびっくりしました。手作りってこんなにおいしいんやー! と。
あかん、新しい趣味が始まってしまいそう…。いいかげんで留めておかないとな…。でもマーマレードは常備したいです。
今回作った分は、全部お嫁入り決定済みです。ほとんどが実家ですが(笑)。たまには自分のためにも作るかー。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。