羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご縁って。
スライディングゥゥゥウウウ!!
新成人たち、成人おめでとう!!
成人になると、フリー度が上がるぞー。
けどそれには、必ず責任がついてくるってことを、覚えておこうね。
まあ、あれだ。「てめえのケツはてめえで拭け」って話に落ち着くわけだ。
しょっぱい話はここまで♪ え、ellisの成人式? 今日の皆様と同じく、足元が悪うございました。
つか、大雪だったよ


まだ雪深い国に実家があった頃のお話な女のサイトへようこそ。
うどんの国に実家が移ってもう8年目か…。あたしゃ、何してたんだって、自分にツッコミ入れたい。


こんなダメ大人にならないでね、新成人たち。
うーん、ellisは大学出る時にいろいろやらかした(ビョーキを、ね)ので、大学出てからのが、ロクな事ないです(苦笑)。
でも今はそれなりに自分に自信がついて来たし、ビョーキとも折り合いつけて生きてます。
どーすりゃそーなるかってのは、こればっかは自分の中の意識変革を求めるしかありませんな。
どーすりゃ意識変革が起こるかって? そりゃまあ、ある程度の時は必要かと思います。なのでそれに耐えうる根性がちょい必要。
で、その中で出会った人たちと、積極的に交流してけば、そのうちびびっと来る(いろんな意味でね)出会いもあろうさね。
ポイントは、「くっついたり離れたりを恐れないこと」かなー。
来る人拒まず去る者追わず、じゃないけど、蜜月があれば距離を置きたくなる時もあるってもんです。
そこで知り合ったのは何かのご縁。袖触れ合うも多生の縁。これ、「多少」じゃないから注意ね。
離れちゃった人とは、またいつか一緒に何かをするかも知れないし、離れられないご縁ってのも存在するよーな気もする(例:ellisと姫)。しがみつきたいものも、あるかも知れない。
そういった諸々を、恐れないことでしょうか。
あるものを、あるがままに受け入れるって、難しいですが大事なことかなあ。
受け入れた上で、どーするかは、責任持って決めようねってことでしょうか。
まだまだ曖昧なのは、ellisの未熟さの証です、たはは。
柄にもないこと喋るんじゃなかったよ(笑)。


でもでも、こうして前向きにしてれば、ぴたっと来る誰かが必ずいる! 絶対出会う!!
それは誰か(同性か異性かも)は分からないけれど、いるから!
そしたら自分の中の自信メーターがぐーんと上がりますから!!
自信メーター上げてもらったら、お返ししたいですよね。きっとこれも、切磋琢磨っていうのかな。いうのかしらん。ellis的には言いますけどね(笑)。
じゃあその人との離別が来たら、どうするかって?
「必要なことは学んだ!」と、一旦距離を置くもよし、「ちょっと待ってよ」と、後を追いかけるもよし。
その人次第じゃないでしょうか。
あとはご縁の強さ、かなあ。なんかこう、この人だけは違うんだよ(例:ellisと姫)ってことがあるでしょう? 長いこと離れてて、音信不通もいいとこだったのに、会ったら一気に空白が埋まる、みたいなね☆
どこでそんな人と出会うか分からないから、普段からアンテナをびんびん立てておくことですね。


さてさて、柄にもない話が続きましたが、「人とのご縁は摩訶不思議。出会いも離別も恐れるな」ってとこでしょうか。
最近ちょっと、人とのご縁について思うことが多かったので。
新成人たち、いろんな人と出会って、いろんな影響受けようぜ☆ それはきっと、後であなただけの大輪の花を咲かす肥料になりますから。
柄にもないこと言い続けると、照れるわ。
では、本日はこれにて。ふう、どうにか今日中にまとまった…。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。