羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心置きなくgo to heaven!2
キャスバル兄の家に、水曜から土曜まで行っておりました。
で、「枕が変わると眠れない」の定石通り、ものすっげえ不眠に悩まされ、帰ってソッコー爆睡。今日まで続けてようやく自分を取り戻しました。
なんか栃木で地震ですってね。北日本は大雪だっていうし。野末のブログにお越し下さった皆様、今日はちとブラックかもしれません、すみません。


おかげでフルートはきっちりした音が出たけどな、と、どっちがマシなのか悩む女のサイトへようこそ。
最近自分ちの枕でさえ不眠になるんですから。もう堪忍してくださいよ神様。


ですが28日からじーちゃんのお見舞い&お稲荷さん参り帰省です。
恐れていた「転んで骨折」の典型をじーちゃんがやってしまい、現在入院、リハビリ中です。
リハビリできるだけ偉い人なんですけどね。えーっとロコモ? あれになっちゃうと、家族親族の負担がマジハンパないので。
ロコモに関しては、かかりつけ医の呼吸器科の隣が整形外科ということもあり、啓発ポスターなどから「ああー、困るよな、あれ」と、思っていました。
ですが思えば、ママン方の最強伯母が現在寝たきり、原因はパーキンソン病による転倒骨折、リハビリを怠ったという、ロコモ典型パターン。ママンは「もう見舞いに来てくれるな、元気だった頃を覚えててくれればそれでいい」と言い、パパンが心配して「義姉さんどうやったー?」と聞いても、答えたくない模様。親族の負担は、確かにパネェな…と、話を聞くだけでも頭が痛い。実の姉の面倒も見なくてはいけない伯母(ママンにとっては兄嫁)など、ノイローゼ寸前です。いえ、病院に行ったら病気、行かなきゃ健康とみなす世の中を恨んで下さい、伯母よ。
ちなみにじーちゃんは兄弟が多いので、親族は多いはずなんですが、皆見て見ぬ振りですよ。ま、世の中そんなもんさね。


なんか、ぼろっちい病院で、健気にリハビリに励んでいると聞くと、末孫としては見舞いの一つも行っておかないとなあという気になります。
大きめの病院(たぶんかかりつけ医と似たレベル)とは、看護師さんのレベルも病院自体のレベルも違っているそうですが、その辺は仕方ない。財力の前には人は儚く敗れ去るのさ…。病院自体が荒んでると、看護師さんも荒んじゃうからね。でもいい看護師さんもいるはずだから、頑張れじーちゃん。
鬼伯母は、ママンがいるので寄り付きません。こんな時くらい結託できんもんかねと思いますが、こんな時だからこそ見栄と意地が突き合わせる、世知辛い関係です。
田舎なので、私が見舞いに行くということは、キャスバル兄も行ったことになります。逆もまた真…かというと、そうでもないらしく、長男特権が元気に走り回っていますよ。なのでまあ、キャスバル兄の代理でもあるので、せいぜい大人しくしておこうと思います。
長男特権…都合のいい時には元気ですが、お悔やみなどになると先頭に立たねばならぬお気の毒様。うちはその点心配はないのですが(むしろ私などはしゃしゃり出るなと、怒られる)、お気の毒様にならないと、その真価を評価されないマジお気の毒。長男…特権かなあ? と、思うことしきりです。本家の長男だといい思いもするんでしょうけど、うち、傍流なんで(笑)。


せっかく息を吹き返したというのに、なんか辛気くさい記事になってしまいました。
明日か明後日には、楽しい何かをお届けしたいものです。
家にこもってると、空気が悪くなるなあ。ママンとパパンが息抜きにキャスバル兄の家に来たのも、なんとなく頷けます。
けど私がそれに感作されなきゃならん謂れはないなー…。
毎年春には体調悪い私なので、いろいろ大目に見てください、両親。
では明後日の通院まで、寝てます。両隣がいろいろ派手な物音を立てているのが気になりますが、何も知らない、知らないヨー。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。