羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソ兄さん?
おはようございます。東京では桜が満開だそうですね。こちらはまだもうちょっと? …だと信じたい(笑)。
またお花見したいです。桜の写真撮りたいですよー。


PCが起きてたら起きてたで、スリープしたらスリープしたで、圧倒的な存在感を放ってるなあと思う女のサイトへようこそ。
フリーソフト(小説用)のインストール、多少戸惑ったんですけど、ちゃんとできました!


ついさっき、セブンまでiTunesカードとコーヒーを買いに行ってきました。
あれだけ薄いのなんの言ってたくせに、やっぱ飲むんかい、持ち帰るんかい。
これじゃあタリーズに文句を付けつつ、愛飲してやまない精神科の主治医と同じだわ…。
iTunesカードは、曲をiPhoneちゃんにダウンロードするためです。ついでに充電器の予備も買っておこうかと思ったのですが、合うやつがなかった…orz やっぱ、店頭まで行って聞かなきゃだめですか。なら〆切後ですね。通院とメイクイベントが控えている来週、私に残された時間は少ない。
だったらここでぐずるな、という話でもありますね、はい。


プリンターも動作が正常なことを確認し、原稿がテキストエディットにしかならないので、コピー&ペーストで最新バージョンのiText Expressに対応するようにしました。あとはインクと紙を買って、私が全力で駆け抜けるだけのこと…(遠い目)。
話は変わりますが、昨日ははしゃいだのか疲れたのか(多分両方。家電量販店の賑やかさって、苦手なんですよ…)、ふくらはぎが盛大につりました。
ちょうどこう、ちょっと足を上げた時にきゅーっと来たものだから、足が曲げられない、下ろせない(泣)。
5分ほど悶絶していたでしょうか、どうにか痛みが引いたところでそろそろと足を下ろしました…が、なんか名残のように痛いんですよ。今朝起きても痛かったくらいだから、よっぽどえげつないつりっぷりだったんでしょうね。それを「うぉぉう、おおぅ」と言いながら、へろっと耐えてしまった私って…。
仮退院ではしゃぎすぎて、翌日歯茎を腫らしたというじーちゃんに何も言えません。強いて言うなら「……血の系譜?」と、問いたいくらいです。この躁鬱気質め。


今まで15インチの画面でおとなしくしていた私にとって、21.5インチの画面は大迫力です。もう「パソ子」なんてレベル超えてますね。なんだろ、パソ兄さん? 性別変わってるがな。
仕事していてもスリープさせていても、圧倒的な存在感です。
ただ、ディスクドライブがないのが盲点でした。CD落とせないのかー。というわけで、今朝iTunesカードを買いに行ったのです。外付けになるけど、まあそれも追々。とりあえずは原稿。
なんかすごい仕事できる人の机みたいになりましたよ、奥さん(誰)!
今まで、というかこの1年が1年だったもので、自分が文字を入力し忘れててもじっと待ってしまう、アホらしい癖がついています。もう今はサクサクすっきりだというのに。
あと、ネット。あんな早かったんやー。いえ、今まででも十分早かったんですが、一瞬ですよ。一瞬で検索結果が出てくる、しかもマルチタスクにしていても不安定にならない!


ママンには「投資してんから、早よ賞金稼ぎになって、海外連れて行ってーな。あんまり待たされたら私、体が持たへんでー」と言われました。いえ、月賦で返しますから。あと、賞金稼ぎて……(苦笑)。
どうでもいいですが、iPhoneちゃん、音いいですねー。家にあるアルバムを有料DLする空しさったらありませんよ。
なんでドライバ、省いちゃったんだろなー。きっとあれですよね、「ストアで購入しなよ、しなさいよ」というAppleの陰謀ですよね。以前にストアで買ったものは入ったから、まあいいか…。
では原稿に戻ります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。