羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妄想Super Express。
通院に、思ったより時間取られました。今回はこんなトラブルばっかり。嫌んなっちゃうけど、諦めねーぞ!


精神科では、やはり「原稿終わったか?」と、聞かれました(苦笑)。
「現在驀進中です」
「素晴らしい!」
「一日に80枚書かなあかんくなったけど、それでもやってます」
「素晴らしい!」
「今日はこれで、明後日は用事あるんで、ちょっと急いでますけど。パソコンも新しくなりましたしね」
「素晴らしい!」
他に言うことないんかと思いましたが、褒められるのは悪い気しませんよ(笑)?
でも今から思ったら…褒めてもらってんのかな、ちゃんと。ちょっと疑問。
「せやけど一日に80枚て…そんな書けるもんかいね」
「あー、やっぱ腕には来ますけどね」
「いや、そうやのうてやな、原稿用紙80枚も埋め尽くせるほど、言葉が豊富にあるんやね、貴女の中には!」
「んーーー、言葉は先生より断然少ないです。半分もないんちゃうかな」
「言葉がなかったら、書かれへんやろうがー?」
「っていうか、せんせーの真面目な論文と違って、言い切ってしまうなら私一個人の妄想の産物やからさ。だからどうとでもなるわけよ」
「論文、真面目とちゃうでー?」
嘘つけー。でも真面目にやってくださいな(笑)。
「うーん、素晴らしいね。その一日にたくさん書ける才能が欲しかったな、私にも」
うーん、けどこれはケツに火がついてぼうぼうにならないと発揮されない能力なのさ。なんていうの、もう背水の陣? 違う…何かが違うな…。
「パソコン新しなったから、キーボードも新しなったんですけど、ちょっと薄すぎて押してる感覚が希薄で、つい力入っちゃいますね」
「最近のキーボードはあかんな、あかんよな」
「でも、ワイヤレスなんで、その分USBポートに空きができるから嬉しいですけど」
「ワイヤレスなんや」
「はあ」
……そこで話が続くという訳でもありません。確認されただけでした(笑)。
「じゃあ、調子いいね?」
「おおむね」
「お薬どうします?」
「できればこのまま」
「…はいー、じゃあお薬続けましょう。ほな次2週後ね。2時においでくだっさーい」


相変わらずですが、嘘は言っていません。
本当に妄想超特急じゃないですか、作品って。え、違う? 違うの? 私が異端?
でも実際のところそうだと思っているので、書いてる時は、心置きなく妄想竹の林に入っております。
ここにどれだけのめれるかで、出来映えは違ってくるような気がするなあ。
理性になるべく歯止めをかけない(笑)。これがコツでしょうか。
ただ日本語は気になるので、国語辞典、英和辞典、仏和辞典必携です。あー、イタリア語の辞典も欲しいなー←辞典好き。
主治医くらい語彙が豊富だったらいいなあと思いますが、読書量が違うし。あと年の功も違いますしね。
他人をうらやんでいる暇があったら、勤しめellis。
では、これから晩ご飯食べて、今夜も勤しみますか。これからだと80枚はとても無理だけど、進められるところまで進めておきましょう。
っていうか、昨日頭が寝てたのか、妖精さんが書いてくれたのかして、自分の書いた文章を何一つ覚えちゃいませんでした。たぶん考える速度でタイピングするので、全てをアウトプットしたんでしょうね。
怖いなー。怖いわー。言質取れって言われたらどうしよ(泣笑)。いや、言質は取らなきゃなんですが、天下無敵の無責任女ですので…。
では、もうすぐご飯が炊けます! 昨日に引き続き、今日もカレーだっっ!!
ちなみにタイトルの「スーパーエクスプレス」。訳すと「新幹線」ですよね…。「超特急」くらいの意味合いでとらえておいてくださると、幸いです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。