羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再起動!
昨日辺りから起きています。
ていうか、今日何ですか? 気温30℃? それって5月の気温なの?


屋根が冷めずに部屋がまだ暑い女のサイトへようこそ。
酵素シロップの発酵が進む進む(笑)。


昨日はさて寝ようかという頃になって、いきなりスイッチが入りました。
明日(今日)に日延べしようかと思っていた、酵素シロップの制作に取りかかったのです。
これもほんまかどうかは、まだまだ分からないんですが、酵素シロップが手作りできるそうなんです。今月の『美的』によると。で、そのレシピ通り材料を切って揃えて1キロ。上白糖は安い時に買いだめしてあります、これが1.1キロ。
段々に入れて混ぜてを繰り返して、最後に上白糖をどばっとまぶして蓋をして、瓶の蓋を軽く閉めて置いておきました。
さっき見て来たら、まだ一日目なのに来てますよ…。細かい泡が立ち始めてる。メイクを落とした手をついでにきれいに洗って、ざっくりざっくり混ぜます。初日からすっごい水分来てるけど、これでいいのかな?
まあ、材料費等は安く上がっているので、失敗でも効果なくても後悔しません。
うまくいったらもうけものだ♪


さて、頬にヤのつく自由業の方のような傷を入れてしまったellis、ミミズ腫れなのに痛くもかゆくもないという薄気味悪さだったので、皮膚科にも行ったんですが、「外傷だよ?」の一言で済まされました。メンタムでも塗っとけや。ってことですね? やれやれ。
日光アレルギーとかじゃなくてよかった、ホントに…。
さてさて、病院のお手洗いで堂々とメイクをして傷を誤摩化すと(誤摩化せるような傷でもないから皮膚科に行ったんですが)、今日はフルートレッスンです。大宮のタリーズでランチとおやつを取って時間を過ごし、この暑さにも関わらずお腹を冷やした大馬鹿野郎様です…。
うう、デザートプレートのアイスクリームを、アイスコーヒーに突っ込むなんて真似をするんじゃなかったかな。いやいや、店内冷房効き始めたから、それも辛くて(泣)。
久々のレッスンであると同時に、今日から私はフルート8年生。下手の横好きとはこのことよとばかりに、続いています。
しかし、GWでなまった腕は誤摩化せない。この間は出た、Ais6(3オクターブ目のラ♯)、H6(3オクターブ目のシ)が出ません。A6(3オクターブ目のラ)さえどうかという状態でした。
で、ドヴォジャークの『アレグレット・グラツィオーゾ』スタートです。きつい。きついな〜〜〜〜。事前情報ありがとう、iPhoneちゃん。と、ダウンロードしたアルバム。でもどこをどう切って、こんな短時間に縮めたのか、逆に分かりませんよ。原曲知らないでいれば良かったのかしら…。
ちなみに8年生にもなるのにモルデント(1音(2度)下の音を装飾音として入れる。例;ドにモルデントがついていたら「ドシド」と、素早く演奏する)とアッパーモルデント(1音(2度)上の音を装飾音として入れる。例;ドにアッパーモルデントがついていたら「ドレド」と、素早く演奏する)の区別もつかなかった馬鹿です。もう、ほんまにこいつは。
先生が「高い音符ばかりでしんどかろう」と、「楽に吹ける」と持って来てくださったのは『夏は来ぬ』。アレンジがたいそうかかっておりまして、しょっぱなからこけっぱなしでしたがな(苦笑)。ちっとも楽じゃありません、先生。
それで、まだやってる(笑)『マシュ・ケ・ナダ』。裏拍のリズム、なかなか乗れません。朝から病院なんか行ってるから、しんどかったんですね。乗れた頃にはおしまいです。
更に来週からは、Sさんがやっていない曲に返るんだそうです。手始めに『ユー・レイズ・ミー・アップ』。次はモーツァルトが待ってますよ〜。うわ、泣きたいわ私。


頭部管のセットはきちんとしたつもりだったんですが、どうにも音が裏返りっぱなしでした。もうちょっと開けてもよかったのかな?
難しい…。
頬の傷には傷薬を塗って、おとなしくしています。むずむずし始めたので、これは治る兆候ですね。医者には痕が多少残るかもと言われましたが、なんの! コラーゲンと美白サプリでクリアしてみせましょうとも!!
でも何やっちゃったんだろな〜〜? 寝てる間に引っ掻いた、くらいしか思いつきませんが。
田中芳樹先生の『七都市物語』に出て来る、ケネス・ギルフォードと同じだ! と、ちょっと浮かれたのは内緒です(笑)。アルマリック・アスヴァールが傷の訳を知りたがっていましたが、案外こんな理由かもしれませんよ(嘘つけ)。いえいえ、ギルフォードには深刻な理由があるのでしょう。「敗北は一度でたくさんだ。恋と同様、二度は多すぎる」と言ってるくらいですから。
お気楽極楽な私は、自作のプロットを何か考えたいと思う次第です。
それでは今日も長々とお付き合い、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。