羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三次元記憶。
何だかんだ言いつつ、昨夜は眠剤も抜きで寝てしまいました。
目覚めは「これ以上寝てたら、脳細胞がふやけるわ」と思ったところで。嗚呼、日の光が恋しい。
鍼の先生、日の出を見ながらお散歩は、かなり遠い話か未来永劫不可能そうです……。


そうして腰がだるい女のサイトへようこそ。
PMS……貴様が憎い。


そろそろ原稿したい気分一杯です。
「したい」なんて、何て贅沢な。今の身分が一番幸せやとは分かっているのですよ……精神的にはね。
今年の抱負に「諦めない、焦らない」があるのですが、これにやっぱり「稼ぐ」も入れなあかんですな……。
できることとやりたいことを、書き出して整理したら、見事に「書く」しか残りませんでしたellis。やりたいことは、まあいろいろあるんだけど。本腰据えてやりたいことと言ったら、「書くこと」だけ。
先週金曜日に、思わず棚整理と平積み整理をしながら紀伊國屋書店におりましたellis。
そんでもって、最近の作家さんを見ながら「むーー、勉強のために読まなあかんかしらー」と思いながら眺めてましたとも。
でも、「おいちょっと待て」と、どっかでストップがかかったのでやめたんです。
「もっとちゃんとした『読みたい』興味がないとあかんやろう、オレ! 勉強って何よ!」と思ったもので。
大義名分を掲げて買ったものなど、絶対に読みませんellis。情けないほどに。ちょっと影響を受けたい時は、やっぱり自分から手に取っているので(たとえ恋愛ものであろうともホラーであろうとも)、そういう時を待とうかと思いました。
今読みたいのは、日本語のきれいなお話かなあ。うちのフルートの先生はとてもきれいな言葉を話す方で、「ええなあ~」と思いながらレッスン受けてます。やっぱり自分の日本語がダメダメなの、知ってますからね…。


でもまあ、国内文芸に疎いのは確かなので(海外文芸ばかり読んでいる…)、読まなあかんのは確かやと思います。時代の流れも見えてへんし。
もう一辺大学に行けたら、英文学をみっちりやってみたいと思ったりもしますが、その一方でやり損ねた江戸文学を心ゆくまで堪能したいとも思います。ええですよー、江戸文学。歌舞伎も浄瑠璃も文楽も、何でも来い。川柳も楽し。洒落で粋で、いいですよ。民俗学もええなあ。
でも歴史もやってみたいの…。ヴィクトリアンな辺りを特に。あとトルコの辺りとか。ははは、夢が七色に広がりますわ。
頭の中ってのは、いい記憶以上に苦しい記憶の方をとどめたがるみたいで、何だかここ数年がぽかっと穴空いてます。というか、景色が全部グレーというか。いい記憶がどこにも見あたらないというか、見つけるのが発掘ばりに大変というか。もー、パパンの会社の保養所に、もう一度行っておけばよかった。あの時はものすごくグレー(ブルーを通り越していた)だったもので、とても美しい紅葉だったにも関わらず、記憶はすべてグレーなのですよ。
来週気が向けば(睡眠がちゃんとなれば)、ちょっとデジカメ持って嵐山のあたりまでぶらつきたいです。京都の景色もグレー記憶が多いんですね、私。ばしゃばしゃ撮りまくって、現像しまくって、机周りに貼り倒して原稿したいもんです。やっぱり三次元の記憶って大事だよなー。音とか匂いとか雰囲気とかって、自分で体感する方がリアリティがあるし。いえ、さんざっぱら体感してたはずなんですが、記憶の飛びっぷりが見事なもので(涙)。自分のやらかした悪事などはきっちり覚えているのですが。
PMSが許せば……お弁当持って……。昨日今日と暖かかったらしいので、そんな陽気が続いて欲しいものです。そしたら堤防に座り込みながら、ぼけらーーっと考え事できるし。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。