羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薬攻防戦。
病院漫才は不発でした。うーん、お互い気力不足と見た。
でもお互い、最近元気そうなんですけどね(苦笑)?


主治医と競りのような掛け合いをする女のサイトへようこそ。
あ、「パキシエル」の話するの忘れてた。ネタだったのになー。


「どうですかー?」
「しんどいでーす!」
元気一杯に何を言っとるか、私。けど嘘じゃないのがまた…。
ロヒプノールを前回から1錠に減らしてもらっていますが、1錠だと3時間で覚醒し(ヒルナミン効かず)、2錠だと二日後まで祟ります。
そしたら主治医が、「じゃあ中期型を足さなあかんねえ」と、レンドルミンを足してくれました…。
あの、「クソも効かねー!」と噂のレンドルミン。つか、体感しとるがな。
あれ? レンドルミンって中期型だったっけなー。そりゃ、ハルシオンやマイスリー、アモバンにルネスタもここに入るのかな? な、超短期型ではなかったけど…。
私の中で中期型っつったら、もろロヒプノールがそれなんですが。
まあいいや、くれるっていうもんはもらっておこう。
最初主治医は、ドラールを出そうとしましたが、確か肝臓にあんまりよくなかったのと、寝る前飲食禁止なのが切なくてやめてもらいました。
見返りは、アモキサンの減薬です。半分に減らされてしまいました。これはまあ、再来週にでもまた元に戻してもらいますが(おい)。
漢方でも相談してみようっと。季節も移ろったし、薬が変わるかもしれません。


「ヒルナミンは? もういらんやろ?」
「何言うてはるんですか、バリバリいりますよ!」
「不穏時! どう不穏やねんな?」
「それを口で言えたら、どんだけ楽か。それに『不穏時』にしたのはせんせーや。私とちゃいます」
「ああ、あれなー。この(電子)カルテあかんわ。『不安時』がないねん」
じゃあ付け足してよ…。それも不可なんでしょうか。
ベンゾジアゼピン系の薬物より、メジャー系の方が相性良さげな私。ヒルナミンの方が、落ち着いて効くような気が。
ベンゾジはあんまりたくさん飲みたくないしなあ。普段にもセルシン入ってるし、寝る前にもロヒプノールとレンドルミンだし。
これ以上はごめんだぜ。と言いつつ、蓄えのレキソタンを時折愛用する私…。
話がそれますが、こないだ新聞広告で、「文豪に愛されてきた薬」と銘打って、アスピリンが載っていました。
一瞬、「文豪がヤク中で愛用した」と勘違いした私…。作品の中によく出て来るって話だったのね、ああらそう。ほほほ。
でもそっち系でも確実に愛されて来たっぽいな。


精神科でボルタレンをもらい(他の薬ももらいますとも!)、呼吸器科では涙を飲んで吸入薬を足してもらいました。
ちょっと吸入サボったら、フルートがしんどいのなんの。それでなくても、ムラマツのフルートはそこそこ肺活量いるってのに。
本日の合計4850えーん(診察代含まず)。くそ、吸入薬が高いから…。あれ一つで1500円くらい取ってるのかなあ?
帰りはちょっと日差しがきつかったですが、それでも散歩がてら歩いて帰ってきました。途中、薔薇のなんともいえぬ良い香りに誘われて、ふらふらと公園をうろついたりしてましたが(笑)。
そうそう、グラクソのMRさん見かけたら、吸入薬もっと安くしてって文句言いたいんですよ。大塚は今のところ負担してないからいいけど、そのうち胸ぐらつかんで揺さぶりかけたくなるかもです。エビリファイって、めっちゃ高い薬なんですよ、実はね。「ね」じゃないだろ私。
さて、ご飯作ります。今日はヘルシーにお豆腐料理ー♪ ではでは、おるぼわ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。