羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自業自得。
hukkoku.1

↑いつぞやの病院帰り、自動販売機で見つけました。
噂には聞いていたものの、見たことのなかった復刻版リボンシトロン。確か買って帰って飲んだような気がします。
友達は「三ツ矢サイダー復刻版」の時、勇敢にも買って飲んだそうです。さすが明治大正の味。今味わえるようなさわやかさではなかったと、電話で報告してくれました、ありがとう。駄菓子とか禁止されてたくせに、こーいう飲み物とかに弱かったりします、私。

この季節何が嬉しいって、餅の特売をよくやっていることです。
基本的に網で焼くと後始末が面倒なので、ちょっと水をくぐらせてレンジで温め、何もつけずに味付け海苔で巻くのが好きです。下手すれば、何もつけずに(海苔すらなしで)食べることもありますので…。
以前はじーちゃんが毎年ぺったらぺったら杵と臼でついてくれていたのですが(形作りを手伝ったりもした)、さすがに去年は両親が止めたようです。
1)誰が手伝うのか。
2)どれだけつくのか(親戚、近所方々に配りまくる)。
3)片づけを誰がやるのか(←大問題)。
4)百歩譲って餅つき機を使ったとしても、上の問題はどうするのか。
以上の理由により、犠牲になるのが自分たちと分かっていた両親は必死で止めたそうな。じーちゃんのつくお餅、好きなのにー。
はい、私が餅好きなのは、ひとえにこの祖父のおかげです。ものすっごくだだっ広い縁側(本家だ…)で、気の遠くなるような数の餅を丸めていたのを思い出します。男衆は餅つき手伝い。女衆は事後処理。こんなものです。確かあの頃は、ほんまに親戚一同集まってやっていたような(記憶がおぼろ)。つまり今より生きている人の数が多い親戚一同の分と、ご近所さまに配る分をついていたと…。じーちゃん、何升ついてたんや。
うちの親族は、基本的に「頃加減」を知りません。見事に私もその血を引いたようです。

話はそれましたが、昼前にごそごそ起き出して、食べるものがないのでは切ないではないですか。
前の日に買い出しに行っていれば、必ず何かしらあるのですが、ここ二、三日外出してない……(というか、できない)。
ので、非常食の出番です。お前ん家の非常食、餅かよと言われそうですが、もうビスケットもクラッカーも食っちまったもの。あとは白米生活が待っています。これからスーパーへは、納豆を買い出しに行く切ない私が……(涙)。
納豆買えるだけ、裕福なんですが。
自業自得と戒めておきましょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
>からすさま。

一人じゃ悲しいお馬鹿も、二人だと半分ずっこですな。
しかしほんまにかっ飛んでたね。あのすき焼きは幸せだったね(涙ぐみ)。
では今度お邪魔する時、図々しくもご飯頂きまっす♪
2006/01/18(水) 20:57:50 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
貧乏はお互い辛いのお。
年明け早々二人ともかっ飛ばしていたからね。お馬鹿二人組といえましょう。今度うちに来る時にはご飯用意しておくからね、
2006/01/18(水) 01:48:22 | URL | からす #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。