羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
回る回るよ。
視界〜が回る〜♪(中島みゆきさんの『時代』で、タイトルからお願いします)
酸欠になることは増えてきましたが、過呼吸になるのは減りましたね。これも成長?


「フルート」「いつまでたっても上達しない」の検索ワードで引っかかる女のサイトへようこそ。
一応匍匐前進はしておりますが…。うちってそんなに下手なイメージなの(笑)?


いやあ、『グリーンスリーブス』3回連続は堪えた…。
一回吹くと5分弱を消耗するんですが、最後の時間を計る頃になると、常にどこかで誰かがつまづいている(苦笑)。
私は酸欠でくらくら来てました。ついでに指がガクブル。力入り過ぎですねー、私はまだ……未熟!(『0083』のガトー少佐のお声でお願いします(cv.大塚明夫さま))
まあ、いつまでたっても未熟なんでしょうけどさ。
でも、ランパル先生が吹いていらっしゃった、『ヴェニスの謝肉祭』のバージョンができたら、もうフルートやめてもいい…。10分以上ある上、いきなりトリルから始まり、最後はかなり速いダブルタンギングの連続技で終わる、難バージョンです。
はっきり言ったら、たぶん私には一生できない曲…(笑)。これとクーラウの『庭の千草変奏曲』ができるようになりたい…。夢はでっかく太平洋じゃき。
まあ、向き不向きもあるということで。私は割とのんびりした曲の方が合っているようです。その分ごまかしきかないんですけどね(苦笑)。技術があまりないので(研鑽しろよ!)、叙情性に訴えるしかないのです。
『グリーンスリーブス』も、ぱっと見はそんな難しそうな楽譜ではないんです。
ただ、実際吹いてみると、低音と高音が入り乱れ、ついでに4分の6拍子という、ビミョーに嫌なリズム。
あ、「%分の$拍子」ってのは、「%分音符が一小節の中に$個入ってますよ」という意味です。
四分音符が一小節の中に6つ。つーことは、3拍子が二つ、と考えられなくもない。実際、中世に近いリズムらしく、吟遊詩人が歌っていたであろうアレンジなんだとか。普通の『グリーンスリーブス』は8分の6拍子でシチリアーノ調ですものね。これは英国で流行り続けてこうなったらしいです。
もとい。3拍子が2つ、ということは、軽やかにリズムに乗りたいところですが、どーもケツが重い。力入り過ぎてるのかなー。とは、先生に言われました。
軽やかに、軽やかに…指が重たいがな、こう、ぱぱっと動けや指ぃ!!
……と、レッスン中に内心ぼやいていたことは秘密です(笑)。
大丈夫かな、発表会。ま、主治医に言われた通り、「聞いて頂きに」参加しますよ。


まー、上達してないわけではないんですが、匍匐前進ではそういう検索に引っかかってもしゃーないのかなー。
でもなんか、ビミョーな気分…。しかも一回じゃないってのがね、どうも引っかかる(笑)。
確かに、うちで「上達法!」とかを求められても困るんですけどね。
えーと、まあ、あれです。うち見て「ああー、こんな下手でも続くんだー」と思って励みにしてくだされば、それで満足です。ということで。
ということにしておきましょうよ(涙)。
では、また明日から練習の日々です。モイモイ☆
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。