羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
基礎から始めましょう。
どんな時でも基礎は大事ですよ。
そう、エチュードを手放せないくらい大事です。


そして音合わせなのにしごかれてきた女のサイトへようこそ。
いや、音合わせだからこそしごかれて来たというべきか…。


今日は11時から音合わせ〜。
と分かっていたのに、急に起きられなくなった私(泣)。
うう、昨日スイマーが急にやって来て…。
ここしばらく、全然寝付けなかったから、反動かなー。
というわけで、慌てて支度をしていたら、ママンから電話です。
最強伯母の顔を見ておきたいというので、私の帰省日に合わせて粉もんの国に来るのだとか。
で、そこ(新大阪駅)で落ち合って帰りましょうと。
いや…それはいいんですが、時間…。
「2時か3時かしらねえ」
ってアバウトな(笑)!! 電話の向こうでパパンはこのアバウトさに怒り狂っています。
私も、今日往復切符を買いに行くつもりをしていたものですから、困った。
咄嗟にちゃんとした返事ができず、明日仕切り直しになりました。


そんなこんなでたどり着いたレッスン場。
今日は普段ちみっ子たちが使っている3階を使用します。
基本のAから始まって、上がって下がってを繰り返していたら、Es5(ミ♭)の音がどーにもおかしい。ついでにD5との連携も悪い。
原因はキィの塞ぎ方にあるということで、キィを全部プラグで塞ぐことにしました…。
おおぅ、久々の感覚ですが、これまで数年キィを指で直に塞いで音を感じていたので馴染まない。
悪いのは私の塞ぎ方だけではなく、指の細さでもあるようです。指が細くていいのは、他の楽器だけか…?
ついでにアパチュアを徹底的に直されました。これはもう、いつものことです。
そしたらきちんとなったのですが、息の圧力が上がったのでピッチが上がる上がる。
先生が、ぐーっと頭部管を抜いてくださいましたが、こんなに開けていいの? と、思うほどの抜き加減です。
普段、いかにズボラなアパチュアで誤魔化していたかが、よく分かりますな。いつも「ピッチ低い」と言われるくらいなのに。
高いとか低いとかってのは、もうHz単位でのことです。はっきり分かる場合もあるけど、最終的なところになったら、絶対音感でもない限り分かりにくいでしょう。
どうやら相対音感はあるらしい私(一音「これですよ」と示されると、他の音やピッチが分かる)。違うのは分かるけど、さてどうしたものやら。
先生も、あの手この手で私を指導します。管体を上げてー、唇をきゅっと引き締めてー、口角を上げる感じでー。と、いった感じに。
で、どうにかマシになったところで、はい音合わせスタート。


……今度は指とブレスが合っていないと言われました……orz
もうダメダメですやん。
まだ気が急いているらしく、ブレスが早いんです。むー、当日までに落ち着けておかなければ。
先生にも「焦らなければ、大丈夫」と言われました。
ついでに中音域が全然鳴らない今日。
嗚呼、昨日練習サボったのが響いている。絶対。
一昨日はエチュード飛ばしたし。
音合わせというにはなんとも贅沢な、ほぼ1時間を使用して指導してもらいました。
力入り過ぎて、もう手がガックガクです(笑)。これも直さなあかんところですが、とりあえずアパチュア。誰が何と言おうともアパチュアを直そう。
まあ、手に力が入るので、ブレスにフィンガリングが追いつかないんですがね。
「軽やかに」と、言われていますが、軽やかに吹こうと思ったら大変なんですよ。どんな楽器でも。
じゃあ、えーっと、気持ちだけでも軽やかってことで…許してつかぁさい。


終わったら汗だくです。この涼やかな陽気に。
いかに有酸素運動かが分かりますね。いやぁ、終わると気分はスッキリです。
でもできない部分が多過ぎて、ちょっと凹みもしてますが…。
当日は、楽しめればそれでいいやと思うことにしています。
気が急くの、落ち着いてくれてるといいんだけどなー。せからしいのは性分ですが、落ち着いて、落ち着いてー。
では、明後日はフルート提げて帰省します。
ママンとうまく落ち合えればいいのですが。
うまくいけば、出雲旅行復活か? と願っていますが、これは願うだけ無駄かー(諦めの悪い…)。
それでは無難な帰省と正しいアパチュアが続くことを願って、だずびだーにゃ☆
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。