羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フルートに漢方。
はい、Boa noite.こんばんはです。
え、先日「おやすみなさい」って言ってなかったかって? はい、そう思ってたら、どうやらどっちも意味するみたいで。


うつつを抜かしていたなあと痛感する女のサイトへようこそ。
ちょっとフィーバーが過ぎてますかね。アモーレが。


今日は今年最後のフルートレッスンです。
もーろーびとーこぞーりーてー♪ 『クリスマスメドレー』をやっておりました。今日は2ndメインで。
むっずかしいーーー。と、思うのは、きっと練習不足だから。一年のレッスン納めになんたることでしょう。
Neyさん、Neyさん言ってるから…。
だって…アモーレは止まらないんですもの…。
そんなん言ってる暇はありません。レッスンはとっとこ、とっとこ進んで行きます。
まずエチュードでつまずいたしな…情けな。
で、来月から"Tico Tico no Fubá"が始まることになりました。
とんでもなく速いパッセージで、正直泣きそう(涙)。Neyさんバージョンなら、ちょっとだけゆっくりなのに…。




なーんて、言えるわけないって。




ただ、私のあふれんばかりのアモーレをご存知のKさんが、さっと私を指さしました(笑)。
ポルトガル語を勉強中と言ってたら、「喋って!」と言われましたが、まだそこまで行ってないって(苦笑)。
でも、どんだけの熱いアモーレと思われたでしょうね…。
いや、まだ動画を見せるとこまでは行ってない。大丈夫、自制心はあるぞオレ。
……先生に"Beija-me-"の動画を送りつけ、「楽譜知りませんか〜?」ってメールしたのは誰よ…。
大丈夫、それもKさんとSさんには言ってない。大丈夫、大丈夫。
今日聞いた話では、ショーロは、あらゆるラテンの原型みたいなものだそうです。あらゆるって言っていいのかな、サンバとか、ボサノヴァとかって先生は言ってましたけど。Wikiったら、いろいろ出てきます。形式とか、使う楽器とか。
形式は繰り返しが多いです。なのでテキストの"Tico Tico no Fubá"でも、「どこまで繰り返すねん?」ってのがあります。
あー、だからupした"Samba do Blackberry"とかのタイトルが来たり、例えば"Bambo de Bambu"でも"Tico Tico no Fubá"でも(他の最近の歌でも)、Neyさん繰り返しがやたら多かったのか。
そう、歌詞短いなあって、海外サイト見てて思ったんですよ。で、歌ってるの改めて聴いてみたら、繰り返しがやたら多い。
で、Neyさんの歌、カバーが多いって言ってたじゃないですか。ということは、これはNeyさん個人に限ったことではなく、ラテンとか、まあMPBに多いんでしょうね。
私、MPBってくくり、好きじゃない…。って思うけど、仕方ないよなー。そのおかげで、Neyさんが何歌っても"MPB"ってジャンルでくくられる訳ですから。
あ、ちゃんと「エミ・ペー・ベー」って言えるようになりました(笑)。現地の発音ですね。まだアルファベットの発音知らないんですよね、ちゃんと調べとかないと。


話は戻って、フルートのクラスコンサートは、『グリーンスリーブス』と、『明日に架ける橋』になりました。
う〜〜〜ん、えらいジャンル違いっていうか。っていうか、サイモンとガーファンクルが、ロックに位置づけられることにものすごく驚いていますよ。あれがいわゆるR&Bってやつ? 聞いておけばよかったな。
『グリーンスリーブス』は、散々やっているので、来月からちょこっと復習です。この曲、ほんまにレッスンには恵まれへんかったな…。自宅で吹いてる時間のが長かったような気がしますよ(ある意味、当たり前ですが)。
『明日に架ける橋』は、KさんとSさんが歌詞をお気に召したんですね。曲自体は中音〜低音で、ぶっちゃけやりにくい。
でもギターとセッションできるっていうので、楽しみにしています(今のギタリストは、「白いギターのあんちゃん」です・笑。ホントに白い服着てるんですってば。で、イメージと音がやっぱり明るいんですよ)。
どんな歌詞か、興味を持たれた方はググってみてください。まあ、ずっと側にいるよ。っていうような内容です。恋愛とかそういうのを越えて、いつも君の側にいるよ。っていう、考えようによっちゃ怖い歌詞です。年配女性のロマンを台無しにする女、ellis。大丈夫、まだ言ってないもん。自制心あるもん。アモーレは撒き散らすけど。


レッスンの帰りは漢方でした。
案の定書かれましたよ、カルテに「ブラジル」って(笑)。
「せんせー、書かんでええんですってば。これ書いたら、また来月聞かはるんでしょ? 『ブラジルのおっちゃん、どないなりました?』って」
と言ったら、「えー、そりゃあ気になりますからねえ」という返事が。
「でも元気そうでよかったですよ?」とも言われました。……こぼれてるな〜〜〜、アモーレ。
このテンションで実家に帰省したら、その落差に嘆くことになりはしないだろうか…。今からとてもとても心配です。
Neyさんの名前まで聞かれたので、よっぽど興味を引いたんでしょうね。たぶん私がお花撒き散らしてるのが、久しぶりで珍しいからだと思いますけど。
72のおっちゃんに、「あなたはとってもとってもセクシーでスマートな男性だと思うの!」なんて言ったら、速攻で参るわ、と言ったのはKさんですが、異人さん、それもラテン系だから大丈夫な気もするけどなー。
それに、そーいうメールとか手紙って、山のようにもらってると思いますし。
まあ、ジャポネーズは珍しいかもですけど(笑)。でも熱狂的なファンっているんだろうなあ。私のアモーレなんて、まだまだ青いですって。
たぶんほんまのファンなら、ブラジルの人たちと同じテンションでNeyさんを迎えられるはずだ!! 私には無理だもん。
「ブラジルのおばちゃんたちがね、もうすごいんですよー。日本で言うなら、氷川くんを追っかけるおばちゃんたちみたいな」
と、漢方で言ったら、主治医に「いやー、もっと情熱的ですごいんじゃないかなー。なんたって、ラテンの国だからねえ〜」と、言われました。せんせー、分かってるぅ。
つまりそれくらいでないと、Neyさんを追っかける資格はないということか…orz
……動画で満足してたらあかんということか。
いや、やはり機会があればブラジルに! もうアモーレがどこに飛ぶか分からへんな、この女(苦笑)。
心だけ飛ばしてたのでは物足りませんか、ellis。
あ、ellisって、読みがポルトガル語の「幸せな」を意味する"feliz"に似てて嬉しいです♪ zはsの発音になるみたいなんですね。
逆にsはzみたいに濁る時があるし。まだまだまだ、何にも分かってません。
ちなみに漢方、眠前に3種類、夜に1種類の薬が出ました。いかに私が寝不足かを物語っていますね。あ、別にNeyさんのせいじゃないですよ(笑)?
むしろ安眠させてもらってますから。3曲聞かずに寝てるんじゃないかな。ああ勿体ない、タイマーは1時間なのに。


今回はとりとめもなく失礼しました。
やはり随所にアモーレが混ざりましたね(苦笑)。
どうもすみません。Lamento muito.って言うみたいですよ。muitoが「とても」とか「もっと」みたいな意味合いみたいで。めっちゃすみません。ってことでしょうね。
勉強は牛歩の歩みですが頑張ってます。覚えるのも忘れるのも早いという、一夜漬けの典型なellisに未来はあるか!?
ま、ぼちぼちやります。ほんまに暇つぶしに単語帳がいいんですよ。学生の時は鬱陶しくって仕方なかったのにね(笑)。
ではでは、Boa noite.今度は「おやすみなさい」ですよ?
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。