羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"Rua da Passagem(Trânsito)"聴き比べ。
Bom dia!(おはよう)翻訳サイトで遊ぶばかりに、日々私のポルトガル語が進化して行っていることを感じています(笑)。
いえ、細かい間違い多いんですよ、どんないいサイトでもね。
で、タブをいくつか開いて、調べて訂正して再訳して確かめる、と。
何時間でも遊べる私は、もしかしたら語学オタクなのかもしれない…。


初めてオリジナルを聴いた女のサイトへようこそ。
あ、相変わらずNeyさんの話なんですよ。


Neyさんのアルバム、"Atento aos Sinais"の最初に入っているのは、"Rua da Passagem(trânsito)"という曲です。
これのオリジナルは分かっていました。YouTubeのコメントで、いっぱい名前を見たから。
それはLenineという人。日本では「レーニン」って訳されたけど、「レニーニ」じゃないの? 違うのかな。相変わらず詳しくなくてごめんなさい。
あ、今Wikiったら、ちゃんと「レニーニ」って出ました。eは語末ではiの発音になるみたいなんですよ。ポルトガルに行くと、またビミョ〜に違う発音になるらしいんですが。
そのオリジナル"Rua da Passagem(trânsito)"は、こちら。

格好いいですね〜。低音の渋味やギターの演奏、声は静かなのに、言ってることは結構厳しいというか激しい。
"TODO MUNDO TEM DIREITO À VIDA
E TODO MUNDO TEM DIREITO IGUAL"
「誰もが生きる権利を持っている、誰もが平等な権利を有している(意訳)」が、サビというか、一番大事なところ。
ちなみに"trânsito"の意味が未だに分かってないんですよ私。って思ってたら、コトバンクにありました。たぶんこれのことでしょう。
飛行機関係かー、そりゃー飛行機バージンな私には知らないはずだわ(笑)。


で、Neyさんバージョンがこちら。ヒップラインとダンスの悩殺で以前にもupしましたね(苦笑)。
だからまあ、見比べたい方だけということで…。

……印象が全然違いますね。すっげーハードになってる。ついでにNeyさん声が高いから、キーだいぶ上がってるし。
そのせいで、余計派手に聞こえるのかも。
それにNeyさんボーカルの人だから、動くの自在だし。レニーニはギター持ってるから、あれほど動けませんものね。
っていうか、歳食ってるNeyさんの方がよりハードなのは、どーいう理屈だ(笑)。
またそれが似合っちゃう人なもんだから…。


ちなみにメイクも衣装もない、素のNeyさんが歌ってる動画もあるんですよ。
こうなると、ただのおっちゃんか? いや、オーラが違う…。黒いシャツが好きみたいで、"Beija-me-"の時もそうでしたし、インタビュー番組でも、テレビ番組で"Ex-amor"という曲を歌うときも着てた。上に着てたものは違いましたけどね。
黒、好きなのかなー? まあ、細く見えるしね。っていうかNeyさん十分細いんですけど(笑)。

歌ってる内容は一緒なんで…(苦笑)。私は同じ曲を3つupしてるということか。何やってんねんな。
これ、見てると「きゃ〜〜〜、Neyさんデニムパンツや〜〜〜、お若い〜〜☆」とか、途中で壁にもたれて笑ってる映像にくらっときたりできるellisです。
あと、そばの棚に置いてるベージュのジャケットっぽいのはNeyさんのものだろうかとか、思いはどんどん広がって妄想竹の林です。
こうして見てると、「あー、普段のライブではメイク頑張ってはんねやー」とか思っちゃう私はファン失格でしょうか。
いえいえ、素のNeyさんにも萌えられるオヤジスキーですよ、私は
ナイスシニアじゃないですか。やっぱり格好いいよ、Neyさん。


こうやって、いろんなオリジナルが分かればいいのになー、と思います。
そしたら聴き比べができるのに、と。
まあ、軍配はNeyさんに上げちゃうんでしょうけど(笑)。やっぱり最初の感動が一番っていうね。
ちなみに公にupしていない"Tico Tico no Fubá"は、オリジナルというか、この曲を映画で有名にした、カルメン・ミランダという人のものを見ました。
……何言ってんのか、聞き取りもできへん〜〜〜!!
異人さんって、皆舌が長いんやわ、せやからあれだけ早口なんやわ、と僻む私です。舌の回転が鈍いのを、そんなせいにするな。慣れだ、慣れ!
もっと言うなら、私も日本人としては大概早口だ(笑)!!
あれ聴いた後だと、Neyさんの"Tico Tico no Fubá"は、とても静かな印象を受けましたよ。
ま、その動画はまたの機会に。メイクと衣装にびっくりなさいませんよう、という忠告だけは致します…。


朝の聴き比べでした。何やってんねん。
では、夜があるといいのかな? いい加減鬱陶しいだろうからやめようかな。
というわけで先が見えないまま、Até mais tarde!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。