羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
You killing me softly.
Boa noite!
あ、タイトルは"Killing me softly"のもじりですよ。邦題は『やさしく歌って』です。


無理矢理訳してみると、"Você me matando suavemente."か…(タイトル)と、思う女のサイトへようこそ。
ちなみに"kill"には口語で「魅惑する」とか「悩殺する」という意味があるみたいですね。


ではまさに私はNeyさんに悩殺されています。
またあかんものを見つけてしまった…。と、思ったのは、Neyさんの公式サイト。の、「プレス」のところ。
『ローリングストーン ブラジル版』の、たぶん12月号でしょうね。Neyさんのバストアップヌード写真が(鼻血)!!
ぐはっっ。私をまさに殺す気ですか、Neyさん。
この雑誌、めっちゃ欲しいな〜。と思ったのですが、ブラジルのAmazonまで行っても見つからず…。
『ローリングストーン』誌自体は、タワーレコードで売ってるみたいなんですが、ブラジル版はどうだろな〜。
取り寄せてくれるか、聞いてみた方がいいのかな。
ちなみに写真はあってもupしないのは、お若いこうさぎちゃんたちには刺激が強すぎるからだぜ(笑)!
あれが72歳の肉体ですか。もう、このエイジレス!!
でも違和感を感じないのはなんでだろなー。やっぱり精神の健全さが表に出るんでしょうか(じゃあ、そもそも脱がないだろうって? いやいや、それとこれとは別で・笑)。


更に私を悩殺した写真を発見してしまいました。
これは著作権大丈夫かなー、と思いつつ上げてみます。ブラジルの歌詞サイトで見つけたものです。
Ney the elegant!
ジェントルマンNeyさん(萌え死に)!!
抱っこされてるにゃんこが、この上なく羨ましい! っていうか、なんて似合うの、猫とNeyさん。
犬ってイメージじゃないもんなー。ホントはどっちが好みかは知りませんが(苦笑)。
基本、男性は服を着ている方が好きなellisにとって、これは…。これはまさに悩殺ものですよ。
貴重なスーツ姿のNeyさん(いや、どうか知らないけどね)。
Neyさんの今年のライブでの記者会見の模様を、相変わらずYouTubeで見てましたが、コメント欄に「エレガント」の文字が! ぃよっしゃ、私の愛は方向を間違っていなかった!! と、思わず握り拳してしまいましたよ。
そう、イベント時のNeyさんと普通に喋ってる時のNeyさんはまるで別人なんですよ。
喋ってる時の方が、もしかしたら好きかな。めっちゃ知性と品性を感じるから。
歌ってる時のエネルギッシュさも、もちろん愛していますけどね。ええ、あの(見た方だけ分かってください)パフォーマンスも含めて。


ただそれだけのご報告でした(笑)。
年賀状書きはどうしたよって? いや、あと一日あるかなって…。
そんなこと言ってたら、なんか用事入るぞ? と、思いつつBoa noite!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。