羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Stew Latina, Osechi Latina!
Boa noite!
あれから二度寝して、更に夕方にまで寝ていた三年寝太郎ellisですよー。
このクソ忙しい師走に、なにやってんだ。


とうとうブラジルのGoogleから検索がかかった女のサイトへようこそ。
いや、マジでビックリしました。こんな野末のブログが、ブラジルでどうやってヒットしたのか…。Neyさんのお名前でいらしたのかな?


お節料理も毎日の料理も、そろそろスパートがかかって来る日にちになりました。
明日、明後日のことまで、下手したら四、五日後のことまで考えなくちゃいけない。主婦は大変です。
そんな折、買い物にまでは付き合ってくれたパパンが、テレビタイムに突入。居間と台所の間にある戸を閉められました。
これの意味するところは、「オレがテレビ見てんだよ、何邪魔してんだよてめーら、ごちゃごちゃうるせえな!!」になります。
なのでこちらも好きにさせてもらおうと、私はおもむろにNeyさんの"Batuque"をかけました。
もちろん、居間には聞こえない程度の音量でね。
ママンと二人で、「ラテンなお節が実現してしもうたな〜」と、笑っておりましたが、"Batuque"を聞きながら作ったたつくりが、なんと大絶賛を浴びました。
なんでしょう、陽気に歌いながら、ぼけらーっとイワシを炒っていたせいでしょうか(苦笑)。
うちはフライパンに半紙を敷いて、その上で炒ります。母方のばーちゃん譲りの技だそうで、理由は不明だそうですが、多分焦げ付きを防ぐのが主な目的、そしてフライパンの油がつかないのが更なる理由かなと思っています。
よろしかったら、試してみてくださいね☆ ポイントは、フライパンをよく熱してから半紙、そしてイワシの順です。
結構根気のいる作業なので、ママンは数年前からたつくりを私に放り投げています。
ついでに明日はお高野を炊く予定です。ellisもやればできる子なんですよ…。よく「家庭的なイメージない」って言われちゃいますけどね、大概な主婦なんですよ…。


さて、ラテンな料理はお節にとどまらない。本日のメインディッシュ、ワインをまるまる一本使ったビーフシチューにも応用されました。
"Batuque"のリズムに乗りながら炒める、アクを取る、更に煮込み時間を踊って過ごす!!
パパンが通り過ぎる時は、何食わぬ顔してましたけどね(笑)。
うちのビーフシチューは、普通スネ肉を使うところをすじ肉を使います。ただし、身の多いところを使って。
パパンが歯が弱いというのと、スネ肉が入手しづらい環境にあること、また安価に仕上がることが主な理由です。
煮込み料理は基本ellisの担当ですよ。なんでしょうね、こう、ホントにぼけらーっとしながら煮込んでるから、味がじんわりしみわたるんでしょうか。妙に「美味しい」と、喝采を浴びます。
今日も御多分に洩れず、両親はおかわりしてくれましたよ! バンザイ!!


そういえば、"a Capoeira"、カポエイラの訳が「ブラジルの格闘技ダンス」と出てきたので、気になって調べてみました。
するとサンバの源流なんですってね、カポエイラのステップ。位置的には格闘技とダンスの中間と聞いて、びっくりしています。
ほら、カポエイラっていうと、逆立ちして足技使って、みたいなイメージがあるじゃないですか。あれ、実はあんまりしないそうです。むしろ地に足ついてる方が多いとか。特に"ginga"と呼ばれるステップを速めたものが、サンバのステップになるんだそうです。
じゃあ"Btuque"のライブでNeyさんがやっていたのは、サンバのステップだったのかしら? と、思いました。
ダンスのステップには詳しくないので分かりませんが、だとしたらかっこええ、ブラジル! と、思います。ほらほら、今日も心の叫びがこぼれますよ(笑)。





Muito legal, Brasil!!




いやー、つい叫んじゃいますわ。
しかしブラジルは日系人も多いので、こちらの文化なども伝わっているかと思いますが、私たちはブラジルってあまり知っていないような気がして残念ですね。
ポルトガル語の書籍も、コーナーがすごく狭くって残念でした。
ブラジルといえば、今はBRICS。これからどんどん成長してくるでしょうから、私たちはもっと彼らのことを知ってもいいのじゃないかなー、などと思ったのでした。
Neyさん、けっこうあちこちの国に行ってらっしゃるんですが、日本にはまだいらしてないんですよね。
ああ、届かなかったメールが悔やまれる。「日本に来てください! 私は待っています!!」って書いてたのに。
繰り返したらくどいと思って、二度はやらなかったんですよ。まさかサーバーから弾かれてただなんて、思いもしませんでしたよ。


脱線しちゃいましたが、もとい。ラテンなノリの料理は美味しくなる。が、我が家の(というか私とママン)間に決定づけられたのでした。
たぶん、深刻に眉間にシワ寄せて考え込むような料理にならないからだと思います(笑)。
あと、私とママンには「味付けしないで慌てて作ったものは、いつもより美味い」という鉄則もあります(苦笑)。
今日、じっくり時間をかけられたのは、ホントにNeyさんのおかげです。アルバム聞きながらの作業だったので、待ち時間が苦になりませんでした。
明日はお節の総仕上げじゃ〜。といってもうちのお節は花より団子なので、飾り切りやきれいなお重とは無縁です。ただひたすらに味を追求されるので、かえって誤魔化しがききません(笑)。
さあ、明日もNeyさん日和だ(どんな日和だよ)!
ブラジルからいらしてくださった方がいらしたら、誤解しないでくださいね。もっと誠実でちゃんとしたNeyさんのファンは日本にいらっしゃいますから!! お願いブラジルのGoogle、うちなんかよりよそのサイトを上にあげて!!
うちは野末でいいんですよ…。でもブラジルのGoogleからの検索って分かった時は、Neyさんとちょっと近づいた気分になれてハッピーなellisなのでした。
相変わらずアホやってます。そんな一途なアホが大好きよ(笑)。しかし私の知的好奇心、どこまで羽ばたいてゆくんでしょうね(苦笑)。いいかげん、どっかで打ち止めだと思ってはいます…。
ではでは、Tenha uma boa noite!! 良い夜をお過ごしください!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。