羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
設定マニア。
気合いを入れる時、皆さんどんな風にするんでしょう。
ちょっと気になるellisです。
ちなみに私の場合、両面ビンタが自分に入ります。ええ、遠慮なく。
なもんで、もれなく頬は真っ赤に腫れ、涙目で耐えることしばし。
ははは、小学6年の時、女の子をかばって男子にビンタかましたら、そいつ吹っ飛んでたっけな。左手だったので(=利き手でない)力の加減が分からなかったのよ。……若さゆえの過ち。


鼓膜を破らないよう気をつける女のサイトへようこそ。
猪木に気合い入れてもらう女の人たち、テレビで見ましたが、私は自製おたふくを選びますぞ。


久しぶりに外に出てみました。情けない発言。
しかも家にいる間、別段仕事してたわけでもなく、ただぐーたらしてただけです。腹痛にも耐えてたけど。
で、今日は夕方から外で仕事してました。といっても小一時間。
ミスドで黙々とプロット練り。嗚呼、何でこんなにすらすらできるものを、もっと前から用意しておかないんだろう私。
もうタイトルもキャストの名前も主題も決まってるので、本当は流れに任せた方がいいのかも。と、思ったりもします。ていうか、一度そういうの投稿でやってみたいよ。
でも何か無責任な気がして(私の作品の場合)、どうしても大まかなプロットを作らないと気が済まないのです。こんな私を、大学時代の友人は「設定マニア」と呼びました。ああそうさ、その通りさ。
何も決めずに、だらだら書くのは私はウォーミングアップでしかやりませんのだ(とても外には出せない、同人誌にすらできやしない『銀英』の外伝とかね。あとは高校生くらいからもやもやと作り続けている、設定の定まりきらない奴らをつらつらと書いてみたりとか)。
世の中いろんな人がいるから、初めが決まったり、キィワードが一つ決まったりしたらぶわーーーっと書けるんだろなあと思ったりします。それはそれで羨ましい。ウォーミングアップなら、完結してるのもいくつかあるけど…。私の場合、興味があっちいったりこっちいったりするので、最初っからおおまかな流れは決めておきたいのです。その後で登場人物達がどう動こうと勝手。結構プロローグと決め科白だけが生きて、結局流れに任されたのも一杯あります。ついでに言うと、途中から名前の変わる不幸な奴とか性格の変わる奴とかいて、辻褄合わせに翻弄されたりもします。


プロットがっちりなんて、息苦しいわと思う方、それはそれで正解だと思います。でももう、私は漱石の『三四郎』の構成で頭が一週間ほどがんがんしてしまったので…。あんなお話を、あんな構成で、しかも新聞連載でできるなんて!! はい、それ以来設定とプロットの虜です。
ちょうど学生だったので、授業風に、気になるところに傍線を引き、付箋を貼って書き込みしながら文庫本を読んでました。自分なりの章分けもして、読み進めていった結果、ある一文で全てが繋がったんですよ、ぴたりと。あくまで私の憶測なので、賢い方々及び研究者さんは無視なさってくださいましな。
ヘリオトロープの罎。四丁目の夕暮。迷羊。迷羊。空には高い日が明かに懸る。
この一文です。何でそう思ったかは、直感なので何とも言えないのですが(故に研究者にはなれなかった)。
この時漱石研究の授業を受けていたのですが(授業は『こゝろ』)、それまで退屈してた授業が変わりましたよ。
心境の変化を例えるなら、おもらいさんから盗人になった気分です。もっとええ例えはないのんか、私。
盗めたかどうかはまた別の話として‥‥‥‥‥‥‥‥(汗だらだら)。


隣に座っていたお兄さんが、私のノートを興味深げに眺めてから去ってゆかれました。
そりゃあなあ、「日本人名のストックがないわ」とか、「嫌われてる?」とか「おっとりさんの、のらりくらり←むかつくんよ、こーいう奴」とか書いてあればな…。
これでも仕事なのよ……通りすがりのお兄さんに理解して頂かなくてもいいですが、人さらいとか偽造パスポートの計画でも練ってるのかと思われたら切なかったので、思わず。
そして髪の毛がたばこ臭くなって‥‥‥‥‥‥。いや、ええんやけどな。ちょっと切なかっただけ……。それより向こうのお兄ちゃんず。未成年で喫煙らしいが青春を謳歌したまえ(未成年で煙草も酒も試した女)。


というわけで、あとはPCに向かう勇気だけです。まずは机周りどないかせんとなあー…。
そして明日はトリプル受診。「作家の部屋は多少散らかっているものだ」と決めてかかる主治医よ、どーいう価値観ですか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。