羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ellis、ハリネズミになる。
むがー、むがーがーがー(昨夜も眠れてません。昨日寝過ぎたせいかしら、くそ贅沢な)。
むーむーがー(そんじゃちょっと早く鍼に行きますかねっと)。


そしてハリネズミとなった女のサイトへようこそ。
うぅ……マジ痛かった……。


「ちょっと早く」行くつもりが、結果的にいつもと同じになってしまいました。
先生に結膜炎と口の腫れと喉の痛みとリンパ節の腫れと、いろいろ訴えてみました。結膜炎は、鍼ですぱっと治るそうです。
問題は、口。
「何したの、これ?」
「分からへんですー。皮膚科には行ったけど、5000円のうがい薬出されただけですー」
「5000円?」
「時間外診療やったの」
あっはっはと先生は笑って脈診を始めましたが、ものすごく難しい顔になってしまいました。
というのも「速すぎて分からん」のだそうです。数脈(さくみゃく)というのだとか。
「ネズミがちょろちょろちょろっと走ってるような脈やねえ~」
「せんせー、それ嬉しないです…」
しかも右と左で違うとか。後に理由は知れますが。
普段はあんまりたくさんの鍼を打たない先生です。ところが今日は。
「これまで鍼でくたびれたことある?」
「いえ、ないです(それほどたくさんの鍼は打たれていないから)」
「じゃ、今日は覚悟してね」
‥‥‥‥‥‥‥‥後でえらい目に遭いました。
からす姉さんがブログでおっしゃってる通り、鍼は普段痛くありません。痛い時は思いっ切り悪いんです。
しかも、普段は「痛い」と言うと鍼を抜いてくれます。ところが今日は「痛い」と言ったら手を止めて、落ち着いたらまたきりきり突っ込んでいくのです。
これはよっぽどなんだね? いやまあ、もういいけどさ。
右足首あたりで、「ずこーん」と来ました。痛いとかそーいうんじゃなくて、‥‥‥‥‥‥‥‥うーむ何て言ったらいいんだろう。まさに衝撃。
「せんせー、今思いっ切りきたよ」
「うん、手応えあったね♪」
いや、そうじゃなくて。
次は右目の横。「ぐがぶっっ……せんせー……」
「あはは、手応えあったから、途中で手止めたけどねー☆」
嘘つき。
脳天は平気でした。後は腰とか鎖骨とか横腹とか腕とか脚とかそりゃあもう……って、全身じゃねーか。大抵左右対称で打つので各2本ずつね。鍼だけで時間が過ぎてしまった。
しかもじんじんする。うう、まさに「響く」って感じ。痛い……。
「せんせー……鍼打った後がいつまでも痛いねんけど……」
「あー、気にせんでええよ。後もんどいて」
お灸は家でやれと言われ、あまつさえ「来週必ず来なさい」と言われました。
脈がどうにも収まらないのだそうで。
「右はだいぶ落ち着いてきたんだけどねー、左が何か上がったり下がったりしてるわ」
うん? そーいや私。
「せんせー、左腕に喘息治療のテープ貼ってるねん。それ、気管支広げるから脈速くなるって呼吸器科の先生が言っとったから、今取ってみる」
ぺり。
「……どないですかー?」
「あるよりはマシってくらいかな……?」


梅安の話もしてみましたよ。先生ちゃんとご存知でした。しかし感想の一言目。
「あれ、営業妨害だよねえ。鍼灸師がそんな人殺す奴ばっかりだと思われたら嫌だよねえ、困るよねえ」
‥‥‥‥‥‥‥‥いえ、きっと普通の人は分別がおありになると思います。
「だから鍼怖いって言われるのかなあ~」
‥‥‥‥‥‥‥‥いえ、きっともっと他に理由はあると思います。
「あ、でも池波正太郎はちょっと読んだよ、ほら、あれ」
いろいろ聞いていくうちに剣客商売と分かりました。秋山小兵衛……素敵。
「あれは格好いいよねえ」
鍼灸師も出てこないしね。
「せんせー、『鬼平』も!」
「え、『鬼平』もあの人なの? すごいねえ~」
吉右衛門様、吉右衛門様大プッシュ! この作品だけ何で役者さんプッシュなんだよ。吉右衛門様以外のキャストも素敵ですよ? 音楽も素敵ですともさ。あの江戸弁がいいねえ。
こんなしょーもない話もしてましたが、来週もれなく予約が書き込まれました…。お灸も買いましたよ。どこに置いたらいいのか分かるようにツボ膏貼られました。そのまま帰ってきたけど。手とか見えまくりで。ははは。


さすがに疲れたので、近所の茶店でご飯とお茶で一休み。それから歩いて河原町まで出ましたが……気分悪い。
こうめまいというかたちくらみというか、全身が重だるいというか、鍼のあとはじんじんしてるし(一カ所だけ、いつまでも。今でもだ!)。
「やば……立ってられへん……」
なのでまた茶店でだらーっと。それから本屋で新刊仕入れたり、コンビニで破れた電話代振込用紙をお願いして読み込んでもらったりしてましたがダメダメ。その場に崩れそうです。ぴちぴちのお嬢さんならともかく、こんなツボ膏見せまくった倒れ方では「いつか王子様が」はあり得ません。王子様も「けっ、年増か」と言いそうだ。ああ、自分で言ってて自分で落ち込んだぞ(泣)。
結局、家帰って寝てました、はい。あーーーー、堪えるぅ。先生が「さすがにやり過ぎたかな…」と、ぼそっと言ったのを私は聞き逃していない、いないぞ。
ハリネズミを1時間でやり切る早業でもあったので、余計くたびれました。でも口の中がマシなの……いっつミラコー!
明日まともに起きられたら、今度は診療所の方へ行って来ようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
去年の夏頃。
>からすさま。

去年の夏頃、えぐいのを足に作ってたやないですか。
あれのこと。
手は覚えてるって。あんま見たくないけどな。
小さい頃母方のばーちゃんが連れてってくれた病院にいた子の一人に、お風呂のガスで大やけどを負った子がいて、その子に会ってそれ以来火傷苦手なんよ。こっちも新聞の一面に載るような大火事経験してるしな。
2006/02/21(火) 07:15:53 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
前のは手の三里。痔と肺のツボ。大腸(直腸も?)と肺は同じ気の流れの上にあるようだ。どうせ、横隔膜の上と下にあるかんな。三陰交は足のツボだよ。
2006/02/20(月) 11:32:14 | URL | からす #-[ 編集]
>からすさま。

あれ、また三陰交? 前のどえらいケロイドもそうじゃなかったっけ?
先生とはほのぼのとお互いが非課税所得者であることを語らってきたよ。さすがに切なそうだったな…。
2006/02/19(日) 02:37:48 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
えー、あたしなんかいつもハリネズミだよ。でぇ、どんなに痛くても熱くても何にも云わないの知ってるから、木曜日には三陰交にケロイド作られたー。熱傷度3。あのせんせーやるときゃやるよー。でも慣れたら針疲れはしなーい。つーか針疲れするぐらい打ってみやがれ。もう誰もうてねーだろー。てな感じ?やっぱ筑波の大学付属の鍼灸院の先生が打ってくれたのがきょーれつだったよな。
ちなみに、私「銅の針」をせしめました。
2006/02/18(土) 01:18:28 | URL | からす #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。