羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手っ取り早く萌えてみよう。
やる気が何だかビミョーなellisです。何だどうした。
今月は生理痛も軽いのに!!
‥‥‥‥‥‥‥‥言わんでよろし。お下品でした。


手っ取り早く萌えてみようかと思いました。
いや、そうしたら勢いで書けるかなって。逃避してることに変わりはないことに気づけ自分。
しかし手っ取り早く萌えるために、コミックは掘り返し尽くしたし(ゆえに室内が荒れた)新刊は仕入れまくったぞ(ゆえに室内が狭くなった)。いまいち萌えゲージが満たされていませんわ。うつモードだから仕方ないんだけど、でももーちょっとテンパっていたいかな。状況はほんまに薄氷の上をスケーティングって感じなはずなんだけど、現実感薄いなあ…ああやべえ、離人してら。
というわけで、普段は「ゆうがたクインテット」しか撮っていないビデオを引っ張り出してみることにしました。DVDでもいいんだけど、それするとPC使えないから。メインマシンでやってもいいんだけどね。
ビデオ! マニアックなのしかないぞ。そろそろ擦り切れそうになっている『ガンダムW』、君のためにDVDボックスを買うことなど痛くも痒くもないさ。あのアール・ヌーヴォー調のパッケージデザインは超絶ナイスだ。しかしこれは





高校生の頃仲の良かった教師に体育館でダビングしてもらった




という思い出深いものだ。しかも途中欠けてるし。
この先生とはもともと生徒会繋がりでしたよ。そのうち先生が『Night Head』(今知ってる子いるのかなあ…)の単行本を貸してくれ、宮部みゆきさんの『龍は眠る』、『レベル7』を有無を言わさず貸してくれ、しまいには『Night Head』のビデオをダビングしてあげようかという話になっていたのです(思い当たる先生、メールで自首してください)。
なもんで、友達の妹さんから録画した『ガンダムW』を借りた私は先生の家でダビングしてもらえないかと甘えてみました。そしたら先生は二つ返事。よっしゃあと狂喜乱舞してましたが、本当にそれでよかったのか受験生(結果として全然よくなかったに決まっとる)。
しばらくして、先生がビデオをぽんとくれました。そしてしれっと「家のビデオが壊れたから、体育館でダビングしながら見てた」。




‥‥‥‥‥‥‥‥すいません‥‥‥‥‥‥‥‥今死にたい気分です‥‥‥‥‥‥‥‥。




ええびっくりしましたとも。というか先生、そんなことしてよかったんか。ちなみに『Night Head』のビデオはダビングしてもらってません。ああ、見たかった。
受験しながら(関西に受験に来たため、伯母の家でも見ようとしてた)見ていた感慨深い作品ですが、別にそこまで入れ込むほどのものではない。




しかし萌えだ。




ちなみに一時、私はキャスバル兄に「レディ・アン」と呼ばれていました(TOPからプロフィールを見てね。別にそれ以上のことは書いてないけど。リンク先20話にいるのが1号のレディ・アン様です。キャスバル兄曰く、2号の聖母バージョンは「誰でも真似できて詰まらない」とか。私は褒められているのか…?)。似ているらしいです。たぶんあの二重人格っぷりとかなんやろな。怖い1号バージョンにそっくりらしいっす。躁状態の時ってきっとああなるんだ、そうだ。ええ、私もトレーズ閣下のために敵の暗殺から作戦立案、モビルスーツの操縦までやってみせることでしょう。大好きさ、レディ・アンもゼクスもトレーズも。自分に酔いまくってるトレーズ閣下がお素敵すぎます。24歳であれはねえよな。レディ・アンやゼクスやノインは19歳って設定でしたが、それもそれで何だかなあ…。いや、これはファーストGからのお約束なんだろう。作画も安定してるし、音楽も良い、実は結構いい作品です。主人公5人組はすでに私の範疇にありませんので悪しからず。これを言い出すと、キャスバル兄とまたケンカになるのでよしますか。
劇場版の『Zガンダム』も、そういや見てないなあとCM見てて気づきました。CM見ながらキャラクター全部分かってるなら、見なくてもいいのか、いやそんなことはない。バプテマス・シロッコ、君はまだ元気かい。敵どころか味方に真っ先に殺られそうな金ぴか百式も見たいよ。現代の技術でどれだけド派手になってるのかと思うと、もう……いたたまれなくて。カミーユ、ここにいるダメな大人を修正しておくれよ。いやマジで。
あとビデオを見るとしたら、『銀英伝』で包帯血流し美青年な上に痛みを我慢して気絶するというおまけつきで、サドな乙女心くすぐりまくり(@道原かつみ先生)なナイトハルト・ミュラーでも見て「うっ…鼻血吹きそう…」とか、ムダなカロリー消費してみるか。
‥‥‥‥‥‥‥‥ほんまにムダやな。
ちなみに当方鼻血をあまり出したことがないのですが、「興奮して鼻血を出す」って本当にあるんですか? キャスバル兄が時々理由もなく鼻血吹いてますが。こうして書くと変態以外の何者にも映りませんが、彼は粘膜が弱いだけです。


ビデオはBGMになる、意味のないellisです。で、時々「あ、今の科白、今のお声!!」って振り返って、巻き戻してハァハァするただのバカ。こんな生活を続けていると、普通に番組がCMに入った時に早送りのボタンを押しそうになります。まだです。まだ未遂ですよ。まだ自覚あるから(涙)!
ではここで油売ってないでどうにかしてきます。アイフルの間違っちゃったCM(分かります?)のBGMが頭から離れてくれません。どうした自分。とうとう崩壊か。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:■今日の独り言■ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。