羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
堪能、大岡様。
20060321010020

なぜだかお揃いで作ってもらったストラップです。左の赤い愛くるしい方がママンので、右の人生の渋みを感じさせる方が私のです。
……逆じゃないか、普通。

たまに家族と長期間いると、お互いが気を遣い合った結果お互いを不本意に傷つけてしまう女のサイトへようこそ。
私の大岡様にケチをつけないでパパン。今回はツッコミ不可です。吉右衛門様は常に不可。

あーー、幸せ。あーー、堪能。これで終わってしまうのですね大岡様。史実通りの町火消しの仕組み作りエピソードが入ってて嬉しかったなぁー。しかも往年の角さんが町人で出てますよ(役者さんの名前で覚えていない)。ああ、こっちでは相変わらずうっかりしてる八さんもいる(こちらに至っては役名さえもあやふや…辰三さんだったはずだ)。本当は今日の夕ご飯はじーちゃんの家に行くはずでした。ですがあまりに気合いを入れて見るつもりの娘に、パパンが折れた。夕ご飯は明日一緒にします。乙女心、恐るべし。
火消装束が何回も出てきて(しかも騎乗してるよ)、一人で見ていたら絶対「あかん……萌え死ぬ」とか言ってたこと請け合い。殺陣の動きがほんの少しだけ鈍くなっていたような……?いえいいです、加藤剛さまだから。
っくー、心の芯から萌えでぽかぼかだぜ。裃姿もいいのですが、やはり普段着なのがいいわ。ああいうふうに着物姿が似合う殿方、超萌え。しかも大岡様役の加藤剛さまも素の加藤剛さまも、どっちをとっても紳士だし慎ましやかでたまんない。久々にオヤジスキー回路、スパーク。ちなみに昨日は館ひろしさんの信長様にメロメロしてました。

そういえば、大岡様はお裁きの時長裃じゃなかったんだなあと、ふと気付きました。それは遠山の金さん。
何となく物足りない気もする。しかしあれにもいろいろルールがあるはずなので(PCのない実家が憎い)リクエストってわけにもいかないしな。ついでに啖呵切って遠山桜見せるわけでもないし。
こうして萌えまくってる火消装束ですが、家族の誰もが「火付盗賊改メ方はどうしたよ…」と、さすがに突っ込んでしまいました。
まあ、お奉行様が主役の場合火盗は悪役で材木問屋と結託してたりしてるからしゃーないか。そもそも火盗が主役の『鬼平』の方が異端なんですよね。火盗がいつ出来たかとか、職分がどうなってたかも今は分からないし。ああ、家帰ったら調べよう。たーのしーいぞーう♪
しかし今も昔も仲良くできないお役所たち……とは思いました。

裃の、あのぴーんと張った肩の部分にはクジラのヒゲが使われていました。
なもんで私は、いつも時代劇で将軍様にかしづいてる大群を見るたび「この人達の家来も合わせて…クジラ何頭分」などと思ってしまいます。
特別動物愛護精神で思うのではなく、純粋な興味。サムライフジヤマスキヤキゲイシャー!と萌える動物愛護協会の外人さんがいたら突っ込むやろな、「クジラないと成り立たへんのやって」と。今ではハイテク素材でどうにでもなるだろうけどさ。

しかし時代劇のみ、家族揃って見るという我が家よ。何か疑問はないのか。
私の意見としましては、本日付き合いでコーヒーを飲み過ぎで気分が悪いので逃げます。時代劇、いいじゃねえか!
あー、上質の時代劇を山ほど堪能したいなー。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。