羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酔いどれ天使。
‥‥‥‥すいません、年甲斐もないことをして、またもや彼岸をみてきましたellisです‥‥‥‥。
ご心配くださった方達、ありがとうございます。事の顛末を聞いても、どうぞ憤慨なされませんよう(泣)。


他人様の家で酔いつぶれた馬鹿女のサイトへようこそ。
へその尾噛んで死んでこい、お前は。


事の起こりは昨日、からすさんの家に忘れ物を取りに行ったことに始まります。
普段通りぐーたらして、さておいとまするかという時に、
「ご飯どうする?」
という話になりました。お互い一人で放っておいたら、食わないで過ごして夜中にひもじい思いをすること請け合い。
というわけで、軽く一杯だけひっかけて帰ろうと。
‥‥‥‥一杯だけ‥‥‥‥そのはずだったのに。
からすさんが目をつけていたというお店に入って見ると、お店の大将が一人テレビを見てました。
入ってみると、客席は10席足らず。その割に食べ物は安く、酒も美味そうで、ここに決定。
からすさんが16年ものの梅酒を注文し、私が明鏡止水という日本酒を注文。焼き鳥セットと茄子田楽を注文して乾杯。
もう田楽の季節だろうってんで、二人してどの店見てても「田楽、田楽」って喚いてました。しかもその茄子田楽、めちゃめちゃうまい。油で揚げた茄子を二つ割りにして、甘辛い味噌をかけてごまをふってあるだけのものなんですが、うまい。二人でへたも残さず食い尽くしました。
お互い飲むのも久しぶりだったもので、よっぽど美味そうに飲んでたんでしょう。ついでに大将暇だったんでしょう。途中から会話に入り込み、気がついたら酒をおごられ。
自分の実感として、今日は2合が限界かなみたいなのはありました。しかし注がれた杯は乾さねばならぬ。こんないらんしきたり(?)思い出してるうちに、本日の臨界点突破。それでも飲む。美味いから。大将自家製のイカの塩辛も出てくる。それも食う。出汁巻き頼んで食うし、泡盛ももらった。
これだけ飲み尽くして、本日5000円也。真面目に頼んだ分の料金しか取らなかったようで、大将ありがとう。また寄せてもらうよ。


で、改めて立ち上がったらバランスが取れない。そりゃそーだ、臨界点越えてんだから。それにしてもみっともないわ。しかし歩けねえ。参った。
家に帰るはずが、からすさんに背負われてからすさんの家に舞い戻り。
‥‥‥‥舌噛んで死ね、この酔っぱらい‥‥‥‥。
酔ってることよりも、酔い癖がパパンそっくりなことに気づいて、そっちのがショックでした。親子の絆ってば意外な所で繋がってるのねって、私の一番嫌な酒癖だろーが。
しかし惨劇はここから始まります。眠剤を飲んで眠るからすさんを横目に、リバース、リバース。
初めは酔いゆえのリバースだったのですが、そのうちミョーな癖がついてしまって、リバースが止まらなくなりました。胃の辺りがべこべこいってて、そんな人間ポンプは嫌ですママン。寝転がっても、恐ろしくて仰向けになれないし、水分足りなくてめまいします。それでも、年末にやらかしたリバースよりはマシだってんで、そのまま朝を迎えました。結局眠剤突っ込んだにも関わらず、眠れず。
朝までリバースしてたら、目覚めたからすさんが喉が痛いってんで、二人で仲良く急患になって来ました。二人して点滴突っ込んでもらって、家に帰った私は恐る恐るお粥を頂いて、ちょっと寝てました。ぐー。


‥‥‥‥何て自分を分かっていない顛末だろう‥‥‥‥。
二十歳そこそこの娘さんならともかく(それはそれでどうなのか)、27にもなってやることか?
久しぶりに千鳥足まで体験したのに、「記憶が飛ぶ」という体験はできませんでした。あ、あと「二日酔い」も。
病院で「アルコール残ってますか?」と聞かれて、「いいえ、全然」と即答した悲しい私。エーベルバッハ少佐くらい、ドライジンを1本半とか空けないと、記憶が飛ぶとかまでには至らないのかしら。‥‥‥‥少佐と比べるなんて、おこがましいわ。
しかしお店の大将にも認めらた飲みっぷりはどうだ。ちょっと切ないぞ。しかし酒が美味いのはいいことだ。後始末が自分で出来ない酒なんて、人生数えるほどしかありませんが…。
というわけで、からすさんに大迷惑をかけた昨日でした。よく考えれば、最近あんまり食べてないし、睡眠も足りてなかっただろうお前。少しは考えろお前。いや、でもその場の勢いってのもあるじゃない? 回ってる回ってる(笑)。


とりあえず、何か食います。胃の中が空っぽ~。
‥‥‥‥あーもう、ほんま情けないわっっっっ!!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>ナイさま。

ありがとうございます…。
酒は飲まない方が記憶飛びますね、確かに(泣笑)。
日ごとに記憶野が衰退してるようで、脳がすかすかしていくようです。
こう、思ってるような言葉がふっと浮かばないと悲しいですね。
友達と喋ってて「ほら、あれよ、あれ!」と、まるで親戚のおばちゃんみたいになってる自分も切ない…。
2005/06/12(日) 21:06:43 | URL | ellis #-[ 編集]
いやいや。たまには羽目を外しても良いんじゃないですか?
いつも思うのですが、ellisさまは、気を遣い過ぎるところがありますから、
楽しくお酒を味わえたと思っておけば良いと思いますよ。
記憶なんて、とばなくっても良いんです。自分なんて、酒飲まなくても記憶が飛びますから(泣)。
2005/06/11(土) 23:45:49 | URL | ナイっち #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。