羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目指せビルマの竪琴。
最近雨の降り始めを知っていても、いつ止んだかは知らないことが多いです。昨日も明け方にざーっと降り出して、今日もそうだった。起きたら止んでたので、まあいいかと思いましたが、生活態度が激しく間違っている。


カバンの中が漢方まみれになった女のサイトへようこそ。
しかも一度付いたら落ちないでやんの。顆粒のくせに。
飲むの失敗した方が悪いのは、百も承知なんだけどさ。


今日はフルートの日です。出かけるまで本気で寝てたので、行きの電車で薬突っ込んでおきました。結果は上記の通り。
楽譜を開けたらね、ぽつりぽつりと加味逍遙散のあとが…。
激しく切なかったです。
新しい運指。一オクターブ上のレ、シ♭。レがこれまた難しくて、更に薬が効いてきてぽやーっとした頭では指がもつれます。今日は実際体調もよくないしな。
先生が板書した曲を吹いたり、練習したりしてると、おもむろに先生。
「じゃあ、10ページ開けて。『埴生の宿』やりましょう」
今までやってたの、2ページ目です、先生…。ちなみに曲名は『ふるさと』。テンポも段違いで速いし、音符の数も多いよ。
案の定、ついていけず。
隣で一緒にやってる子が汗だくなのに、そういえば何で汗かかないんだ私と思ったら、安定剤効きまくってるからだった。
楽譜を追ってるはずが、いつしか取り残され、吹けるとこだけ吹く卑怯者、それが私(泣)。
これがアンサンブルの楽譜になってまして、主旋律と副旋律で合わさればそれはさぞかし綺麗でしょう。‥‥‥‥ちゃんと運指出来て、あまつさえ音が出てればな。
あんまり連続して吹くと過呼吸になるからか、先生が合間合間にいろんなことを教えてくださいます。
で、別の曲をやろうという時に、私は思わず質問しました。
「先生‥‥‥‥‥何か今日からめっちゃレベルアップしてないですか?」
「え、だって二人とも音きちんと出てるし。これくらい出来るかなって」
出来ません。
でも出来ないままなのは悔しいので、さっきまで練習してました。来週「埴生の宿」二人でアンサンブルらしいです。やば。


しかしぼんやりとしながらも「『埴生の宿』かー…ああ、『ビルマの竪琴』ね…」ここまではいいのですが、「そういえば今では『ミャンマーの竪琴』なのよね…ああ叙情ぶち壊し」とか思ってた自分が切ないです。
違う、『ビルマの竪琴』で聴く「埴生の宿」は違う、こんなんじゃないっっっ(泣)。
こんな不快指数高い音じゃなくて、あたかも「リリー・マルレーン」のごとく戦意喪失しそうに綺麗な音なのよ、そうなのよ。
そう思うと、真面目にやらないと『ビルマの竪琴』に申し訳ない気がしたので、真面目に練習します…。
ちなみに私、学校で「埴生の宿」を習わなかった上、『ビルマの竪琴』の映画も見ていません。ので、曲は知っていても、それが「埴生の宿」とは知らずに27年過ごしてしまいました。あかんがな。本を読んだ時は、「どんな曲なんやろなー、きっとものすっごい綺麗な曲なんやろなー」と想像を膨らませていましたが、あの時代にネットがあれば! あれば! ちきしょう!


左手人差し指付け根が、びりびり痛いです。すべてはドの運指のせいなのですが、今日はド、レ、ミ、シ♭、ファ♯をさんざんやったので…。
これはいわゆる「フルートだこ」が出来る日も近いということですかな? 別にできなくてもいいけど。
とりあえず低音域を出せるようになりたいです。そんでないと、とんでもない「埴生の宿」になるので…。もう一緒にやってた子と足して2で割るというよりは、二人羽織のように低音パートと高音パートで分けて吹きたいとすら思ってました。
そんな邪なこと考える前に、真面目に練習しろ…。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>ナイさま。

ほほー、あの映画にそんな裏話があるとは知りませんでした。
でもまあ、美しければいいじゃないですか。虐殺ネタにされたわけでもなし。
吹いてたら、いい感じにのってきます、「埴生の宿」。やっぱり名曲ですね。

「リリー・マルレーン」、歌詞はメロメロの甘々なのに、曲は微妙に楽しげですよね。ドイツ語がそうさせるのかしら…。仏語だと無理がありそうですが、英訳とか仏訳とかされてるらしいですね。ちょっと歌詞を見てみたいかも…。
2005/06/18(土) 00:45:57 | URL | ellis #-[ 編集]
>『ビルマの竪琴』

この映画が公開されていた当時、
ビルマよりクレームがついたんですよね。
ビルマでは、宗教上の理由から、
楽器を演奏するのは禁止されていたらしいのです。
だから、この映画は間違っている…と。
真実はどうなのかは、解らないのですが、
当時は、そう云われてみれば、そうかな?程度の認識でした。

>「リリー・マルレーン」

この映画は観に行きました。
しかも同時上映は『ソフィーの選択』
こんな二本立て、デートで観るもんじゃないです(泣)。
後で激しく後悔しました(自爆泣)。
映画を観終えた後、暫くの間、ふたりして言葉が出なかったですもん(泣)。
で、「日本に生まれて良かった…」とポツリと呟いたのでした(泣)。
駄目過ぎる(自爆)。
2005/06/16(木) 21:32:44 | URL | ナイっち #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。