羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽譜の海に溺れてろ。
ぜえはあ、気力オンリーで、全日程こなしてますよ。フルートレッスンも行きましたよ。
この低気圧は、フルートを吹くには辛いですが……。


未だに楽譜が読めない女のサイトへようこそ。
一人溺れています。プリーズレスキュー。


まずは父の日プレゼンツ! 
実はellisの中に「めんどくさい、若しくは時間がない、及びお金がない時はここだ!」みたいなお店があります。私のじゃありませんよ? もちろんパパン用。
それはポール・スミスとカルヴァン・クライン。
パパンが上背あるおかげで、比較的若いデザインでも着せられて助かります。どっちもお高そうなイメージを持ちながら、割と手頃な値段でいいものが買えるのですよ。
なもんで、本日はカルヴァン・クラインへ直行。私の財布と相談すると、財布が「ポロシャツどまりだな」とのたまった。なので、最初っからジャケットなどには目もくれず、シャツ系を漁ります。
実は「おお、これはパパンに似合う!」と思った品は、現在の私に高すぎた……。なので、ちょっとレベルを落としてみました。
見るからに「父の日プレゼンツ漁ってます」という感じの私に、店員さんが「Mサイズでも、結構ゆったりめですよ?」とおっしゃってくださいます。いいえ、Lサイズでないと困るのです。肩幅とか、背中とか。
60過ぎてカルヴァン・クラインを着るうちのパパンに、店員さんは素直に驚いてくれました。ありがとう。でも本人は何がなんだか分からないまま着ています。
「ああ、カード買ってきて郵便局行かなきゃ」と呟いてたら、店員さんが「発送しますよ?」と、素敵な一言を。そーだ、百貨店にはそういう制度があったね(制度いうか)。そーだよ、ここで発送してもらえばええんやんか!
「こんなカードもありますけど……」
ああ、ありがとうお姉さん(号泣)! その場で店員さんを前にして、まさか「いいものでなくてごめんなさい」とは書けず、「いつもありがとう、普段着にしてね」に、とどめておきました。
そして控えを見て気付く。




値段、丸分かりやんかーーー!!




‥‥‥‥‥‥‥‥願わくば、パパンがそんなところを見ないことを祈ります……が、見るんだろなー。あああああ、急いでるとこんなミステイクを犯すわ(誤用)。かなり泣きたい。でも店員さんのご親切はありがたかったし、業者はヤマトだったから信用してるし、そんじゃってんで。安かったし……(ぼそ)。


次は精油だ。学校は割と近く。てってけ歩いていて気付く。
「あ、MUJIで鏡買わないと」
かつてのアルバイト先の系列会社。しかも唯一の優良企業(ほんまよ?)。店員さんの態度も、きっちり仕込まれておりました。こーいうところで、企業が潤ってるかどうかが分かるんだよな…。時々「んだと、コルァ!?」と、ケンカ売りたくなるような店員さんがいる店もありますが、そーいう所にはしばらく行かない主義です。でないと、もれなくクレーム担当呼びつけて事を大きくしそうだから…。
元同業者は、同業者に厳しいのよ……。


いえいえ、今度こそ精油。急いで買って、マクドでちょっと食べて、それでフルートです。
この間もらった楽譜は、服部克久さんの~「音楽畑」より~です。
繰り返し記号に翻弄され、途中でどこがどこだか分からなくなりました……(涙)。
きっとその前の音慣らしで、単純に「ミーソーファーラーソーシーラードー♪」と順々に上がっていき、「ミードーレーシードーラーシーソー♪」って下がってくる旋律を、サルサだのボサノバだのテクノだの、レゲエだのサンバだのにリズム替えして練習していたからだわ…。「ミーソー♪」が「ミミミソー♪」とか、「、ミソッソー(半拍空いてる)♪」とかになるのです。……分かるかいな。言われればついていくけど。
いえいえ、「虹」ですよ。繰り返し記号はともかく、一回目が長いので、二回目はどこへ飛んだらいいのか分からない。その二回目の切れ目が分からないから、次の繰り返し記号の所で、どこから始まってたのか分からない。




‥‥‥‥‥‥‥‥一人撃沈‥‥‥‥‥‥‥‥(号泣)。




でも、理解したらちゃっちゃかついてくの。要はとろいんですな、私が。ええ、私が!!(血涙)
だから先生、「ビブラート効かせてみましょう」とおっしゃられても、本日のellisには(本日「も」だな)辛いです……。
のびのび吹くのは得意なんだけどなー……はふ。
でも旋律もリズムも分かったから、家で練習できます…。音符が正しく読めないために(正確には音符の長さだな)、家で練習する時は苦悩しております…。


でもビブラートも、ヴァイオリンなんかだともっと大変らしいし、やっぱりフルートでよかったです。
例え気管がぜえはあ言っていようとも……。
さて、これからellisが溺れるのは楽譜ではなく原稿だ。気が済んだら帰ってこいよ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。