羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懐旧の心療内科。
しろたんの抱きぐるみを買いました。一応、何にも着ぐるみ着てない、素のやつ。
「しっとり」とありますが、個人的に「もっちり」って感じで、気持ちいいのでずっと抱えてます。時々やってくる、「何か抱えていたい」病…。


家に帰ってきた直後に雨が降り出して、やれやれと思う女のサイトへようこそ。
今日の買い物、プリントアウト用の紙ですからね。濡れちゃたまりません。


今日は初診を受けた心療内科で診断書を書いてもらう日でした。
心療内科では年金申請や手帳申請など、もちろんありえないので(公費負担はあると思いますが)、看護師さんたちがばたばたしてました。
しばらく来なかったので、私のカルテ、倉庫に眠ってたそうです。‥‥‥‥‥‥ま、いいけどさ。さっき事務のお姉さんが、やたら分厚くてごつい書類の束持ってきたと思ったら、それ私のかよ。
私が通ってた頃は、心療内科は特別外来で、週一で先生も一人だったのに、今日行ってみたら週2で先生が2~3人いました。ほお、時代の波だ。そんな事を思ったのは病院を出てからで、やたらと騒がしいこの病院のことを、すっかり忘れてた自分が憎いです。
何の呼び出しか知らないけど、時々音楽が流れるんですね。多分用途別に、2~4曲くらいありました。放送が何かしらひっきりなしにあって、看護師さんと事務員さんがばたばたと行き交うのは、正直きついものがあります。ついでに待合いに座ってて、そういえばここで「あなたは楽そうでいいわねえ」などとじじばばに言われたことを思い出し、待ってるのも嫌になって固まってました。一点凝視で、同じ姿勢を取ってれば、まあ誰も話しかけて来ないだろう。好きでそんな姿勢取ってたわけじゃなく、勝手にそうなっただけですが。
看護師さんに「診察いりますかー?」と聞かれて、「まったく必要ありません」と言っておきました。そんなものを要求しに来たのではない…。
社会保険事務所指定の用紙に書いてもらったそれは、とても読めたような字ではありません。というか、解読不可能ですが、これでもいいのか社会保険事務所。
医者にはこれっぽっちも会ってませんが、診断書料1500円はともかく、診察料も570円とられて帰ってきました。分かっているが、やりきれない…(涙)。


入れ替わり立ち替わりする患者さんを見て、「あー、私は最早ここで診てもらえるレベルを超えてるな、確かに」と、実感してきました。
そんなこと実感したくもないのですが、患者さんのフットワークが軽いもの。精神科でいつも見かけるどよよんとした雰囲気がないもの。


帰ってきて、ちょっと寝てました。まだ修羅場中です。しかも暑さで食えなくなってます。最近1日半食くらいですか? ブドウ糖かじって生きてます。脳と腕さえ動けば、それでいいのだ。
しろたん気持ちいいです~。私が買ったのは小さい方ですが、それで十分だ。明日の精神科に持っていきそうで、何かやばい感じに気持ちいいです。
では、修羅場続行します。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。