羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
籠の虜(とり)。
現在帰り中ー。報酬はパパンから四角い紙をゲットです。
何故に皆が疲労しながらの帰省なんだろう…。

パパンに今頃フルートを習っていることがバレた女のサイトへようこそ。
もう何回もフルート持ち込みで帰っているのにな…。一年半にして知れた真実。

一昨日には、じーちゃんに敬老の日の花束でもあげようと。更に昨日誕生日なパパンのプレゼントを買いに行こうと。もっと言うならママンのガス抜きに付き合うため外出をば。
商店街が縦横に広がる中、私がどうしても見つけられなかったもの。
それは花屋。
……ここいらの人は、花キューピットしたらどうなるんだろう。今度ママンで実験してみます。
仕方ないので駅前の某系列ホテルまで。小さい花屋で、しかも場所が場所なため、華やいだ花しかなく、「竜胆がほしい」などという私の思いはあっさり却下。結果、思ったより安上がりだったのでいいですが、花の鮮度が……もう選べない程少なく……。
後でパパンに訊ねたら、「飲み屋などに届けるぼったくり同然の店ばかり」で、普段はスーパーの切り花を皆様買うようです。少なくとも我が親戚連中は。
そりゃ、心も貧しくなるさね……。別に切り花が悪いと言うのではなく、「誰かに花をあげる」って楽しいことをしないのねと。50人近くいる、我が一族よ……。

まあこれもネタなんですが、百貨店(?)の物産市で、ママンがめのう売場のおばさんに捕まった。
「もう持ってますから」と言うと、「幾つあってもよろしいですよ。お嬢様のお輿入れの際にも是非!」

話の前半はともかく、何故私が輿入れ前と分かった!?

若く見えたということにしておきますが、ビミョーな年頃の女を何げに傷つけてくれました。
いえ、心の彼氏はいるし永遠の伴侶は仕事なんですが。
それでも言われると人並みに傷つくの……乙女だから(笑)。

それにしたって、両腕に包帯ぐるぐる巻きなんて、しまらねえ帰宅ー!
だるだるのままフルートレッスンコース直行便です。
忘れたと思っていた、気管支拡張テープを帰宅当日に見つけた、相変わらずの粗忽者でございました。

両親が親戚に囲まれて、「娘が帰省した」という口実でもないと、近場に二人だけで観光にも行けないらしいです。さあパパン、あとどれだけ耐えられる? この「かごめ」的状況に!
そして娘は四角い紙に釣られて帰省するのでした。バカめ、交通費でほぼ相殺(でも諭吉様一枚は確実に残る)されるのにな……。
どうでもよかないですが、現在隣に座っている人の口臭が激烈で死にそうです。さ、最後の追い打ち……。携帯で喋らないで、プリーズプリーズ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
きっとロンリーオーラ。
>kiriさま。

お久しぶり☆
そう言われればそうなのかも。でも実際の所、幾つに見えたんだろ、私……。
19歳の時に「二十歳以上のOLの方ですよね?」ってキャッチの人には声掛けられましたが。
「19歳で学生です」って答えたら、「ええ、そんなあ」という返事でしたが…。あれはあれで傷ついたなー。
最近緩みきってる(たるんでるだけだろう)せいで、年齢不詳になりつつあります。
ま、いっかそれで(苦笑)。
ちなみに私も、まだ既婚者には間違われたことはありません。電話に出た声で「お嬢ちゃん」に間違われたことはありますが。


>ナイっちさま。

いえいえ、欲と二人連れですから、所詮。
一週間の衣食住が保証されるだけでも素晴らしい。
2006/09/14(木) 22:00:23 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
とりあえず、色々とおつかれさまでした。
2006/09/14(木) 20:58:05 | URL | ナイっち #-[ 編集]
あたくしは既婚者と思われたほうが傷つきます。
そんなに老けてないやい生活臭漂わせてないやい!うわあぁぁぁあん!!!

まあまだ既婚者に見られたことはないのですが。
2006/09/14(木) 20:04:43 | URL | kiri #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。