羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祖父の笑顔と女のプライド。
……最近ここの更新時間が、ほんまにおかしいですね。自分でも時間を読めない辺り、さあどうしよう(涙)。


祖父の誕生日を間近に控えた女のサイトへようこそ。
キャスバル兄と一緒に、お誕生日プレゼントを贈ります。ただし、選ぶのも買うのも持っていく(発送しないことになった)のも私。……この上「何贈ったか分からんのに礼を言われても困るから、写メしてくれ」と言われるのは、何だか腑に落ちないです。


今年は満90歳になるらしいじーちゃん。去年バースデーケーキを買ってあげたら、めちゃめちゃ喜んだらしいです。
「生まれてからこれまで、こんなことしてもらったことない」と。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥涙。
親戚は近くにいっぱいいるんですよ? 気にかけてくれるご近所さんもいっぱいいるんですよ?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥親戚共、何やってたお前ら。
我が家はアニバーサリー推進委員会(たった今作った)会員なので、嬉しいアニバーサリーは総力をあげてお祝いすることにしています。
日曜がフルートの音合わせ。祖父の誕生日は土曜。金曜に帰ったらいいかなあなどと思っていたら、金曜は前の会社の部下の方達が3~4人でいらっしゃって、徹夜ハイになるらしいです。
と、ママンが。
「じゃ、おじーちゃんの家で泊まったら?」
おお(ぽん)。きっとパパンのことだ、娘が家にいるのに自分だけ遊ぶなどと出来ようはずがない。
「そんじゃ、じーちゃんの晩ご飯と次の日の朝ご飯作ったらええんやな?」
「そーいうことー♪ おじーちゃんには何よりの誕生日プレゼントやわ」
というわけで、金曜に帰省が決定です。そんじゃ、花でも持って行くかね。


中身がどうあろうと、私もかなり女なので、ママンに提案してみました。
「なー、おじーちゃんにこんなふうにあげたらやー、喜ぶやろーな」
「そりゃあもう」
「そしたらやー、来る人来る人、若しくは大叔父どもに見せまくるやろなー……悪意なしで」
「そらもう。……何?」
「……いや? そんな時に『鬼伯母の孫はどうした』とか、『大阪や京都におると、ええもん贈ってくるなー』とかいう話にならへんかなーって。そう考えただけで高笑いができるわ、ほほほほほ!」
「あー……せやねー……」
「何さ、楽しくないっての?」
いや、楽しい。あんたのこっちゃから、どうせ外国ものとか買うんやろ?」
「うん。そんで周りがあからさまに『これはええやつやで』って分かるようなやつ買うねん」
モノはキャスバル兄と相談の結果、ボールペンか万年筆に。あんまり高すぎないものを。万年筆は、裏写りの心配もあるから、きっとボールペンです。モンブランとか、ペリカンとか。本当はカランダッシュが出してるの、好きなんだけどなー。ぺんてるだったかの、蒔絵シリーズも捨てがたいのですが。
何せ毎日日記を書く人なので、こーいう消耗品の方がいいかと思ったのですよ。そんでもってキャスバル兄の指示。「換え芯も買っておくこと」。分かってるさキャスバル兄……現在の実家でどれだけ不便なのかは、身にしみて分かったから。国産で代替もできるはずなんだけど(丸善時代、ボールペンの芯だけ買いに文具売り場の足を運んでいた…)。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥さて、ではコサヤンお姉さまと待ち合わせているので、支度を始めますか。
微熱を心配してくださって、「延期しようか?」というメールまで頂いています。勿体なや……。ちゃんとした睡眠を取ると、随分ましなんですよ。あとはシャワー浴びて、一時的に体温を下げるってのも聞きました。何か微熱を下げる情報がありましたら、ぜひぜひお教えくださいませ♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。