羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読めれば別に。
なんぼでも寝れるかと思っていたら、そうでもありませんでした。
ただ、くたびれてるのでだるだるですよ~~。いつもより動きませんよ~~~。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥何でいつもと変わりないように思えるのだろう。あれ、おかしいな、悲しくもないのに涙が……。


春でもないけど、ひねもすのたりのたりしている女のサイトへようこそ。
はあー……(ため息)。まるで夏休みボケしてる小学生のようだわ。


年末から、鬱陶しいほどCMをしているユーキ●ンを見、達筆なパパンの年賀状を見たキャスバル兄が一言。
「なあ……あれって、どう思う?」
どうもこうも、あんたお稽古ごとできる環境にねえだろ。
「かつて書道をやっていた(やってたんです、16年)身から言わせてもらおう、キャスバル兄。『習うより慣れ』よ。私は読めれば別にええと思うけどなー」
「そんなもんかねえ」
お稽古ごとをしたことのないキャスバル兄。感覚が分からないようです。
「丁寧に書いてある字の方がええんとちゃう?」
「せやけど、西村知美も『日ペンの美子ちゃん』で、字が上手くなったっちゅうしなー」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥いつの話ですか。
「とりあえず、手書きの機会を増やしたら?」
どうも、そろそろいい年なのに字があまり上手くないのを気にしているようです。案ずるな、そういう人たちのためにワープロがあるんだろ。
書道を16年やっていたellisですが、硬筆(ペン字)は習っていないのでくせ字炸裂です。もう、米粒に般若心経書けそうな勢いの細かさ。
「せやけどな、あれ、縦書きやと割にうまいこと書けるんよ。日本人やねえ」
「あー、横書きやと罫がブレるもんね。上がったり下がったり。ついでに行の先頭が統一されへんし」
「そうやねんなー。あれって不思議やんなー」
ダメダメ兄妹です。
しかしキャスバル兄の字はママンにそっくりで、夏休みの宿題等手伝ってもらえていたことを妹は覚えています。
私はといえば、悲しいほどパパンに似たくせ字で(しかも年々似てくる)、地球が崩壊しても手伝ってなどもらえなさそうでしたさ。


キャスバル兄が受け継いだママンの筆致ですが、新年早々、字体どころか漢字そのものを間違って覚えていることを知りました。
じーちゃんの家で漢字パズル(新聞に載っていた)をやっていた時のこと。
「面目躍如」と入れる箇所がありました。
横から口を出すと叱られるので、ぼーっと見ていたのですが、「面」の字が何かおかしい。
「ママン、『面』ってどうやって書いてる?」
順番。「一」書いてー、「自」書いてー、「口」でした。
正しい順番。「一」書いてー、「ノ」書いてー、「口」の途中まで書いてー、中のはしご書いてー、最後に口を閉じる「一」書いて出来上がり。
もう一度、ママンの書き順を見てみましょう。‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥「自」と「口」で、二重線ができてます。




それはもう違う字だ、ママン。




書き順とか、そーいうこと以前の問題な気がする。別にだからって、地球が滅亡するわけでもないのでいいですが、漢字検定は受けないでね。
そんなママンの字に似たキャスバル兄の不安が、分からないでもない。
ちなみに書道での私の字はダイナミック炸裂で、ここでも「まあー、男の子みたいに元気な字ねえー」と言われます。年齢どころか性別詐称説まで出るのかellis。


さっきテレビ見てたけど、何だかまだ新年の雰囲気が残ってますなー。そーいや、今って三連休のまっただ中だっけ。
昨日成人式が「第二日曜」と書きましたが、「第二月曜」の間違いでしたね。連休を作るためにそんなことしてるんだから、日曜じゃあかんやろ。
あ、十日戎に行かんと……。去年の強欲の福笹を返してこないとな。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。