羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
返ってきたけど。
低音やけど、再び(涙)。
前回は足の甲でしたが、今回は足首です。
深々と痛いねえ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥表現おかしいだろ、ellis。


ちみっ子の音に合わせる、ダメな女のサイトへようこそ。
いえ、先生ピアノ弾いてるから、他に合わせる音がなくてねえ。


フルート、リペア終了ーーーーー♪ 我が子よ!
外へ出たのが時間ギリギリだったため、試し吹きを放置してだっしゅ。
いつものようにぱーぷー吹いていたら。
「うーーん、ellisさん、ちょっと音低めねえ?」
あれ? リペア……。
友人は高めだと指摘され、調整に四苦八苦しておりました。
いつも言われる、楽器外向け、唇水平を試してもダメ。
リペアから返ってきたばかりで、ぴっかぴかなのよ?
あれー……?




返ってきたっつーより別物になってる感じだ。





これまでの馴染みが吹っ飛んでるなあ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥(悔)。
1年半のツケは大きいなあ(遠い目)。こうならないために、皆マメにリペアに出すのよね。
やむなく、楽器をもうちょっと閉じてみました。いつも5ミリくらい空けてるんですが、2ミリくらいに。
たかが3ミリと言うなかれ。これが結構違うのですよ。1オクターブ高いソラシド辺りで、よく分かります。
ラ→ドの時に、ひっくり返ったような音が出る時は、息づかいも注意だそうです。裏声を出すように、滑らかに~って。


「全体的に息洩れしてた」と指摘された通り、返ってきたフルートは息の通り道が狭くなったよーな気がします。
カバードキィなのであんまり言えませんが、確かにぴっちりキィがふさがれてる。私、これまでどんだけ無駄に息を放出していたの?
ま、クラスコンサート前でよかったです。当日に「あれ? Fキィおかしいよ?」って思うよりは…。


一番安定した音を出すのは、ちみっ子です。
なもんで、「ちみっ子に続け!」
高い音の友人も、低い音の私も、ちみっ子に合わせれば大丈夫~。
なんだかんだと言いつつ、いいトリオになってますな、うちら。
今年三十路突入の私ですが、友人には「ははは、私なんてゾロ目よ?」とかわされてきました。
まだ十代も半ばにさしかかっていないぴちぴちのちみっ子よ、青春を無駄にするでないぞ……?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。