羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとな。
……いつも検査室に人がいない度、心でそう言いつつ呼び出しボタンを押すellisです。
年若いこうさぎちゃん達には通じないネタね……ふふ、コエンザイムQ10かヒアルロン酸が欲しいと言っている自分に納得が行こうってものよ。


「細い、見えない、逃げる」と、三拍子揃い踏みだと言われる女のサイトへようこそ。
何がって、血管の話……。


今日は精神科です。今日の天候を見るにつけ、先週真面目に行っておくのだったと、心から後悔しています。
咳もけんけんやってるが……待合いで疑われること、請け合いだな。これだから雨の日って嫌なのよ。
と、思っていたらお呼びが。
「どうですか、テグレトール効きましたか」
「効いたみたいです」
「ほう、じゃあ原稿書けた? もう今年の直木賞?」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥何て話の早い医者ですか。早いのを通り越して嫌味に聞こえるのは、被害妄想があるのかしら。それとも強迫観念かしら。嗚呼。
「まだ途中です。そないに急かさんといてんか」
「テグレトール効いたんかー。ほな、薬減らそうか」
「いえ、この前減らしたとこやし。今のとこええですわ」
まるでセールスの口上から逃げようとしているみたいだわ。
「何でー? 減らそうやー。ラボナとかさー」
「いや、だから待ってってば。それより血中濃度の測定お願いします」
「そうか、そんじゃ測りますか。しゃーないなー」
しゃーなくありませんから。
「あ、先生。今日はハッピーバレンタインということで、プレゼンフォーユー♡」
「これは何ですか」
「去年『空気が欲しい』と、おっしゃっていたことを鑑みまして、酸素缶です。お忙しい合間にリフレッシュしてください」
「いやいや、私はリフレッシュせんでもええから」
「えー? ここに『ストレスと闘う現代人に』ってあるで? ぴったりやん」
「私はストレスフリーですから」
「ストレスのない人間なんかないって、心理学のさわりで習った……」
「そんじゃ、程良いストレスですから」
「えーから持って行きなさいよ。嘘も大概にせんと、みっともないわよ?」
「もうね、このまま干涸らびさせてください。かさかさになって死んでいきたいんですわ」
「それにはまだ早いんとちゃいますやろか」
「いやいや。もう年ですから」
「だから、それは65越えたら使ってもええよ。いらんなら、誰か他の人にあげて」
「編集さんにあげえな」
「編集さんにはもうチョコレートとハーブティーを発送済みです。お世話になってるおとーさんにもチョコレートを送りました。っつーか、本日に間に合うよう、全ては発送済み。先生でフィナーレやから」
検査箋と処方箋だけもぎ取って、さっさと診察室を後にしました。後は野となれ山となれ。


検査室で、「ポチッとな」と呟きながらボタンを押すと、さっさと検査指示が出ます。
左腕を出すと、看護師さんに「いつも左腕?」と、聞かれました。
「はあ、こっちのが統計的によく使われます」
「……細いなー」
「前の病院では、小児科の看護師さんに『まあー、血管細いでちゅねー、大病できまちぇんねー』って言われましたけど」
「え、そんなに(笑)?」
「更に逃げるらしくって、ますますやりづらいって」
「まあー、血管浮いてこーへんし、三拍子揃ったねえー」
「看護師さんの敵ですねー」
「ほんまやねー。……ちょっと右腕も見せてもらえる?」
両腕を出した結果、やっぱり左腕に決定。「逃げんといてやー、頼むから逃げるなやー?」と、看護師さんが祈り続けていた結果でしょうか、駆血帯をこれでもかときつく巻かれたせいでしょうか、すんなりと採血終了ー。


薬局では、お薬手帳が新しくなって終わりました。
明日はフルートだが、何もしていない……。ええのか自分。ええわけないですが、見て見ぬふりをしよう……。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。