羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
偽りのない人生。
……去年、『おねがいマイメロディ~くるくるシャッフル~ウサミミ仮面のあるばむ♡』という、大変弾けたCDを購入した私。
初回特典に応募するも、「10月下旬到着」予定が来なかった。
あれ? 間に合わなかったのかしら。じゃあ、しょうがないな。
そう思っていたら、置鮎さんの日記で制作が遅れていたことが発覚。今日到着しました。
特典内容は『クロミ・バク・柊恵一オリジナルトークCD』です。
私という奴は‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥!!


夢の中でブラックジャック先生を呼んでいた女のサイトへようこそ。
それも自分のためにではなく他人のため。
どこか知らないモグリの病院で、「こんなの本当のモグリじゃないわ! 本当のモグリとは、ブラックジャック先生のような人を言うのよ!」と。
褒めてない、褒めてないぞellis……(落込)。


買ってから随分と聞き込んでしまった(笑)ウサミミCDですが、今リンク先を探していてAmazonのレビューに「値段が高い」というのを見て初めて、




え、幾らしたっけ?




と、ジャケットの裏側を見た私です。
4曲15分そこそこで2000円が高いという意見があったり、価値があるという意見があったり。
気にしていませんでした‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。
ふっ、これぞ真のファン。これでこそ大人ね。バカな大人の生き標本だよellis。
どうでもいいのですがインデックスミュージックさん(発売元)、送り主は明記しておいてくださいな。一瞬開けていいものかどうか、ためらっちまったじゃないか。


特典CDは9分弱で、クロミちゃんたちがウサミミCDの楽曲解説をしてくれています(解説は主に柊さまだ)。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥(聞いている)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。
これは……これは最早、子供向けでは……。
これって、こども需要あったのかな。かなり気になってます。やっぱりターゲットはこどもたちのママンな腐女子なんだろな。
ええ、そこらの「こどもたちのママン」な年齢の腐女子がここに一匹。
カモられてるなー。
こどもというカムフラージュを使うことなく、堂々と楽しんでおります。自分を偽ることのない人生って、素晴らしい。


この間も、家族が揃った時にかかっていたテレビで『BLEACH』の舞台CMをやっていました。
何もテロップやガイドを言う前に、「あ、『BLEACH』や」と言った私を見逃さなかったのはキャスバル兄ですよ。
「ほらな、これが俗に言う『オタク』やねん」
と、さも自分が治外法権であるかのような物言い。き、貴様っっ!
「だ、だって一目瞭然やん、あの格好!」
「それで何かが分かる時点で、君がおかしいねん」
……くっ。
「えー? 朽木白夜さまはあんなのじゃないわ、声が置鮎さんじゃないわ!」
とも言っていたら、
「こうやって、キャラクターに『様』をつけたり、ある特定のキャラクターをひいきにしたり、特定の声優さんを追いかけたり、所謂『萌え』ですな、こーいうのがオタクの姿なんよ」
ど、どの口がママンにそれを語るか!
「ふーん、じゃああんたもオタクなんやろ?」
と言うママンは正しい。正しいさ。
「いやいや、私はとてもとてもあのレベルには。私は別にひいきの声優さんとかありませんから」
……そうね、亡くなられたものね(塩沢兼人さま)。
「そんな、声優さん追っかけてアニメ見たりしませんしー?」
悪かったわね……でも自分を偽らないのは楽しいわよ。
何で諸悪の根元に、こんな言われ方をしているのだろう私。ちなみにキャスバル兄も『マイメロ』は時々見ていて、感想は「ムカつくよな、あれ」でした。
あー、「おねがい♡」されるの嫌いですか、そーですか。


私は今年も『マイメロ』見ますわ♪
今度は是非とも夢の中に閣下をお招きしたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:腐女子日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。