羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男が皆オオカミなわけない。
今、サイトTOPを更新しようとしていたら、こんなニュースを見かけてびっくりしました。
リンク先を読んで頂ければ分かりますが、女性専用車両での、障害者の男性への配慮の問題です。


私は正直言って、電車で痴漢にはしょっちゅう遭いますし、女性専用車両という考えは有り難いです。
ですが、それは「女性が好き勝手に振る舞っていい車両」という意味ではないはずです。
全盲の男性に「女性専用車両ですよ」と言った方は、男性が持っている白い杖が見えなかったのでしょうか。
満員だったから見えなかったのかもしれませんし、その女性も痴漢に遭って嫌な思いをされたことがあるのかもしれません。
ですが、閉まりかけのドアに飛び込むしかない場合。
どうしてもその電車に乗らなければ間に合わない、大事な用事がある場合。
女性専用車両に乗り込んでしまって、満員で身動きが取れない場合。
障害者でも健常者でも、悪気なく仕方なく乗ってしまうことはあるでしょう。
営業に忙しい男性や、知らずに乗り込んだおじさんが、周りの刺すような視線を受けて、決まり悪そうに別の車両に移っていくのを何度も見ています。
その間女性は広々と座席を取り、我が物顔で化粧直しをする人、荷物を隣の席に置く人…他の車両より、何だかマナーが悪いように見える時があります。
その度に、「何かおかしい」と、思う私がおかしいのでしょうか?


他の車両はぎゅうぎゅう詰めなのに、女性専用車両は割と空いていることもあって、男の方が「女の人は、あっち行ってくれへんかなあ。せっかく専用車両あるんやから」と、仰っていたのを耳にしたことがあります。
キャスバル兄からは、「男性専用車両も作れ。性差別もええところや、痴漢に遭うのは女だけと違う!」と、経験に基づいた発言が聞けたりします。でもキャスバル兄、痴漢に遭ったのはマッチョなお兄さんでしょ? 意味ねーじゃん…。


逆にどれだけ視線攻撃(苦笑)を浴びても、動こうともしない、気にした様子も悪びれた様子もない男子高校生等もいて、私にはそっちに「出てけ、マセガキ」と、罵声を浴びせたくなりますよ。
私はむしろ、こういう子の方が痴漢行為を働きそうに見えますがね。
それでもお姉さま方は、不思議と注意しないんですよね。見ていて不思議です。
中年のおじ様はこの世の敵みたいな扱いで、少年はいいんですか。
パパンはかなり昔に痴漢に間違われかけたことがあります。その時の返事は……今なら却って問題になりそうな「誰がお前なんか触るか! このブス!」でした。パパン……(涙)。


障害があるということは、健常者より劣っているということではありません。
ただ、健常者と同じ生活をするには不便が多いですし、手伝ってもらわないとできないこともたくさんあるということなんです。
誰も彼もに「優しくしろ」なんて、私は言えません。そんな上からものを見たようなことが言えるほど、私は偉い人間ではないですからね。
私も軽度とはいえ障害者のはしくれ。電車や地下鉄、バスの中で困った時に助けてくださった方を、私は皆覚えています。そして、同時に嫌なものを見るように避けていった、冷たい目も忘れられません。
あの冷たい目を感じた時、身体や心の辛さ以上に悲しくなりました。
誰も助けてくれないとかそういうことではなく、気味の悪い、何か嫌なものと思われたことに対してです。
そして同時に、これまでの自分が同じことをしていなかったかと考えると、今度は心が寒くなりました。
自分は健康だから関係ないと、心のどこかで驕っていたのでしょうね。
だから五体満足な人は、少しだけ考えてほしいのです。自分が風邪をひいて辛い時のことでもいいし、怪我をして動けない時のことでもいい。
落ち込んで落ち込んで、どうしようもない時のこと。自分で感情のコントロールがきかなくなるようなことがあった時のこと。
そういう状態が、ずっとずっと続いていくと思ってください。これから一生、ずっとです。
……男性だからという理由だけで、目の不自由な方を追い出せますか? また、自分とは無関係と思えますか?



今回の問題は、各鉄道会社にも問題があると思います。
車両内でのガイドアナウンスが難しいなら、ステッカーなどに掲示する、駅構内で放送する等、早急に対策を打ってほしいです。
障害者の方が知っていても、健常者の方は知らないということは、まだまだたくさんあると思います。
私にも知らないことが、たくさんあるでしょう。
だから、こういう機会に、少しずつ学ぼうと思うのです。
そして同じ気持ちになってくれる人が、少しでも増えればいいなあと、心から思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
痴漢に遭わない人って。
>才色兼備の姫。

痴漢に遭わない人って、とことん遭わないらしいですね。
ちなみに女の人でも、女性専用車両に居座る女どもが怖いらしいです。
私も居心地良いとは思えません。何か、女子校の修学旅行列車みたいで…(女子校出身及び在籍中の方々ごめんなさい)。
「女性専用車両」ではなく、「女性優先車両」って書いてくれればいいのになあ、なんて思ったりもします。
思いやりにかける女は、レディの名に恥じると思いますけど、そういう人たちに限って「間違いレディ」を気取るんでしょう。
逆に「えっ?」と思うような子がとても親切にしてくれると、自分の浅はかさというか、思いこみに嫌気がさしたりします。
2007/04/07(土) 11:01:32 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
ワタクシも
このニュースを知り
怒りと憤りを感じました

発車寸前に乗り損ねないよう急ぐあまり車両を間違えて駆け込む男性
視覚障害の男性
公共の乗り物であればこのようなお方が乗車されることがあっても不自然ではないはずです
あっ!と思っても混んでいる車内すぐには車両を移動できないことも十分にありえるでしょう
混んでいるから痴漢から女性を守るために「女性専用車両」が
あるわけですしね

どうしてそれぐらいの事情を察して少しぐらい大目に見られないのでしょう
まして障害者のお方の場合は男女の別の前に安全に公共交通を利用していただけるように協力すべきではないでしょうか?(乗降の際のサポートをするとか、座席を譲るとか)

とても
無礼なことを覚悟で申し上げますが
つまらない自意識過剰な女性は心配しなくても痴漢にあいません(私の観察経験上)
それよりもむしろ車内で迷惑行為を無意識にしていることが非常に多いです
自身が痴漢にあう心配をする前に車内で迷惑行為をしないことに気を配っていただきたいと思うワタクシでございます
2007/04/06(金) 00:04:24 | URL | 姫様 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。