羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作戦名「陸の孤島」。
今日は餅つきでした。
祝い事ではありません。法事のためのお餅。
こうして見ると、忌みごとでも「ハレの日」には違いないんだなあと実感します。フツーな毎日は「ケの日」ね。

今年は4件の法事を抱える女のサイトへようこそ。
営業用のダイナマイトスマイルが、遺憾なく発揮されております。

本来、本日は惰眠を許された日でありました。
ところがじーちゃんが、悪意ゼロどころか菩薩の喜びで、私の帰省を母屋に知らせたらしい。母屋にばれれば本日餅をつく大叔母にばれ、大叔母にばれたら鬼伯母の耳に音速を超える速さでばれてしまう。
と、いうわけで、眠剤が残りまくってる朝7時に叩き起こされました。
最近何度も頼んでいるのですが、事後承諾を重ねるのはやめてくださいませんか両親。じーちゃんの家に行けばそうなることは読めたであろうに。
ま、可能性を察しながら備えなかった私が愚かでもあるのですが。
そんなこんなで、鬼伯母にもご挨拶です。
森田●義アワーのごとく「そーですね」を繰り返していた私ですが、口調は能天気で底抜けに明るい。鬼伯母にはさぞかし苦労知らずの親子に見えたことでしょう。

で、餅つきです。
6升の餅米を蒸しながら待っていた時点で、かなりめげそうになりました。
いやいや、ここで気張らな(頑張らないと)意味ないやないですか。こここ、根性ーーー!
餅つき機の普及に心から感謝しつつ(3年前まで杵でついてたらしい)、大叔父がちぎった餅を、要領を聞きながら丸め丸め。
しかしすかぽんたんなellisですので、丸めてもひびが入る……。直そうと内側に押し込んで形を作っても、打ち粉が邪魔してどんどんダメになる……。しまいには、「これは諦めろ」と言われました。何て役立たず……。

この大叔父夫婦には、割合可愛がってもらっているので、昼にはご馳走が出ました。親族の中では本当に珍しく、料理上手な大叔母です。
って、実のところどの大叔父(じーちゃんが一番上の五人兄弟)も私を邪険になどしないのですが。
鬼伯母の素敵辛口トークのおかげで、うちの家族が居心地悪いだけのことです。
女の敵は女。鬼伯母の敵はママンです。そこで喧嘩を高値で買った娘は。
「将を射んとすれば、まず馬を射よ!」もしくは「陸の孤島作戦」。
あら?噂と違うわ?と、周囲に知らしめております。くくく、天真爛漫な笑顔の腹は鬼伯母よりも黒いのさ、くくく。
……下手に悪口言いふらしたりするより狡猾であくどい事など、実は120%承知です。天然でやってるママンのが、あくどい指数は高いかも……。無自覚の悪女って、恐いよね。

家に帰ったら、速攻で倒れました。可愛がってはもらっても、どの家でも気が抜けない魔の土地……。
しかし陸の孤島作戦を成功させるためには、努力など惜しみませんよ。
くくく、棒倒しの砂山の如く周りから攻略してやる、くくく。

明日は本当に自由時間らしいですが、起きるまで気は抜けない。
自由なら、ちょいと市外を徘徊してきます。年末のネタのごとく、たかじんでも歌いながら歩くか……。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。