羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次元……。
本日長々と惰眠を貪っておりましたところ、夢に次元大介が出てきました。
私、次元の相棒ですよ(何故なにどうしては受け付けません。夢ですから)。次元のぴんちも救いますよ!
次元の相棒といえばルパンであることなど、きれいさっぱり忘れている素敵な夢。
……何でこんな夢を見たかといえば、きっと昨日風にあおられる帽子を何度も押さえつつ「ふふ、私ってば次元のようね」と思っていたからでしょう。


三次元に浮気者な女のサイトへようこそ。
ああ、楽しい夢でございました……。


こんな腐った愛が炸裂していたからか、見事に精神科を逃しました。
いいです、明後日行きますから。ほぼ察しはついてたし。
ああ、閣下のご降臨もいいけど次元も嬉しいなあ。昔はモデルガンをバラしては組み立てるということをやっていましたね。キャスバル兄からのお下がりおもちゃでもありましたね。
なので悲しいことに、お人形遊びとおままごとが楽しくない。
パパンは手作りの吹き矢を作り、私に仕込んでましたし。
こう、「俺の後ろに立つなよ、火傷するぜ?」な、ジャリが一匹出来上がったのは言わずもがなでしょう。


そんなこんなで、ルパンです。
私が小さい頃というか学生の頃まで、「女の子でルパン好き」というのは珍しかったのですが、あれはやはり適度なエロさも関係していたのでしょうか。
五ェ門はストイックに見えて惚れっぽいし、ルパンに至っては言わずもがな。
次元はマジでストイックなんですけど……。清い恋愛してるんだけど……あれ?
彼のシケモクが時代を語っています。今の世の中じゃ、やりたくてもできないよ。
だから最近のルパンで、次元の煙草がよれている必要性は感じない気がするのですが……トレードマークってことなのかなあ。
この間の劇場版ルパン、何が嬉しかったって、大塚康生さんが監修されていたことです(リンク先、あちこちにマウスポインタをあてると、いろんな入り口がありますよ)。
大塚康生さんといえば、旧ルパン! 緑のジャケットだ、いやっほい☆
車の動きが細かくていいなあ、などと、ミョ~に乙女から外れたところで作品を堪能しておりました。
だから次元の夢も見るのよ……(ほんまか?)。


昔、付き合っていた彼氏に「夢の中で私が囚われの身になって、彼に助けられてハッピーエンド」ということがあったと言われました。
甘い、いちご牛乳にかき氷シロップ混ぜるくらいに甘いぜよ!




この私が、黙って捕まっているものか。




足手まといになるのは嫌いです。
ひらひらのお姫様は好きですが、ただ捕まって泣いているようなのは御免ですたい。
オスカル様なのもいいんですが、個人的にはドレス姿で勇ましい方にぐっときます(私の変態心が)。
電車の中で痴漢の足を踏みつけ、酒に酔った赤い顔を真っ青にしてあげるellisです。まず「囚われの身」などという乙女ちっくなシチュエーションになれるかどうかさえ、謎。
でも色気はないので不二子ちゃんにもなれないしなー。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥何か悲しい。


ルパンは、実は原作も読んでいるコアなファンです。確かに女の子には珍しい。
作品のデータベースはこちら
さて、閣下のご降臨を願いつつ、明日のフルートレッスンに備えます。NTTにはもう一度電話しなくちゃいけないんだった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:腐女子日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。